ここから本文です

約150人“飲食接待”新人町議を書類送検 町議選で投票や票の取りまとめ依頼した疑い 北海道長沼町

6/13(木) 17:31配信

HBCニュース

北海道放送(株)

2月に行われた北海道長沼町の町議会議員選挙で初当選した町議らが、有権者に食事や飲み物の接待をして票の取りまとめなどを依頼した疑いで、13日までに書類送検されました。

書類送検されたのは長沼町の町議・真田隆弘容疑者61歳と後援会の複数の幹部です。

「真田容疑者は、こちらの会館などで、集まった有権者に対し、巻きずしやオードブルをふるまったということです」(記者)

警察などによりますと、真田町議らは、2月ごろ、町内で集会を複数回開き、有権者に1000円前後の食事や飲み物の接待をし選挙で真田町議への投票や票の取りまとめを依頼した疑いが持たれています。
接待を受けたのは150人近くいるとみられています。
真田町議は新人で5番目に多い得票で当選しました。
警察は、接待を受けた有権者についても調べを続けています。

北海道放送(株)

最終更新:6/13(木) 17:31
HBCニュース

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事