ここから本文です

アドバイスは秘密 20歳・高橋彩華「ゴルフがすごく苦しかった」

6/13(木) 19:12配信

ゴルフダイジェスト・オンライン(GDO)

◇国内女子◇宮里藍 サントリーレディスオープンゴルフトーナメント 初日(13日)◇六甲国際GC(兵庫)◇6511yd(パー72)

【写真】見ればやりたくなるコース写真

20歳の高橋彩華が6バーディ、1ダブルボギーの「68」でプレー。4アンダー7位で初日を終え「いい感じに調整ができて、きょうも安定したショットが打てたので大きかった」と振り返った。

前半3番(パー3)では4UTで3mにつけてバーディ。6番(パー3)からも3連続バーディを奪った。13番ではダボをたたくも、続く14番から連続バーディとし「取り返してやる気持ちでした」と意地を見せた。

今季は3月「アクサレディスゴルフトーナメント」から6試合連続の予選落ちを喫するなど、不振を極めた。しかし、5月「ワールドレディスチャンピオンシップ サロンパスカップ」から奥嶋誠昭コーチの助言を受け始め、状態は上向きだ。

「アドバイスで何を言われたのかは言えませんが、パッティングやアプローチを中心に教わっています。ゴルフに対する気持ちがすごく苦しかったが、それがなくなって余裕を持ってゴルフができるようになった」。同試合から5試合中4試合で予選通過と手応えは十分だ。

ツアー転戦中はYouTubeを見るのが楽しみ。「ゲーム実況のポッキーさんをよく見ています。めっちゃ、面白いです。2時間ぐらい見ます」。勝みなみや新垣比菜、小祝さくらら実力者が揃う世代で存在感を放ちたい。(兵庫県神戸市/玉木充)

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事