ここから本文です

岡田准一、告白したい女子に珍アドバイス「“好き”を変に言うしかない」

6/13(木) 20:00配信

映画.com

 [映画.com ニュース]講談社漫画賞に輝く南勝久原作の人気コミックを実写映画化した「ザ・ファブル」(江口カン監督)のスペシャルトークイベントが6月13日、都内で行われ、主演の岡田准一、共演する木村文乃と山本美月が出席した。

 イベントでは観客から寄せられたお悩みに、岡田らがアドバイス。好きな男性に告白したいという女子に対し、「この映画を一緒に見に行きましょうと誘ってみては」(木村)、「真面目に告白すれば、まっすぐ伝わるはず」(山本)と女性陣が真剣に返答する一方、岡田は独特なポーズで「“好き”を変に言うしかない」と珍アドバイス。一斉にシャッター音が響き、「さすが、カメラマンさん、わかってますねー」とドヤ顔を見せていた。

 また、気難しい上司との接し方に悩む女性に対して、木村が「その上司に、コーヒーを出しながら『顔こわいですよ』って言うのはどうですか?」と提案すると、「萌えますね~」(山本)、「いや、こわいって……」(岡田)と正反対のリアクション。悩み相談に加えて、映画にまつわるクイズコーナーも行われ、敗北した木村と山本が、劇中に登場するお笑い芸人のギャグを全力で披露する罰ゲームを課せられた。

 超人的な戦闘能力を持つ伝説の殺し屋ファブル(岡田)が、1年間休業を命じられ、一般人として潜伏先の大阪で“普通”に生きようと悪戦苦闘。一方、ファブルを仕留めて名を上げようと、新手の殺し屋や犯罪組織が動き出す。福士蒼汰、柳楽優弥、向井理、佐藤浩市ら豪華キャストが共演。レディー・ガガの代表曲「ボーン・ディス・ウェイ」が主題歌として日本映画に初めて提供された。

 盛りだくさんの内容に、終了時間を大幅にオーバーしたこの日のイベント。岡田は「現代の日本を舞台に、アクションをどう作っていくか模索し、チャレンジした作品。笑いもあり、スカッとできるので、ぜひこの夏、体験してもらえれば」と映画をアピールし、締めくくった。

 「ザ・ファブル」は、6月21日から全国公開。

最終更新:6/13(木) 20:00
映画.com

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事