ここから本文です

<岡田准一>劇中のようにギャグ、変顔を連発して観客沸かす

6/13(木) 20:49配信

まんたんウェブ

 人気グループ「V6」の岡田准一さんが6月13日、東京都内で行われた主演映画「ザ・ファブル」(江口カン監督、6月21日公開)のスペシャルトークイベントに登場。劇中で、裏社会で恐れられる天才的な殺し屋・ファブル役として変顔などコミカルな演技を披露している岡田さんは、イベントでもギャグや変顔を連発し、観客を笑わせていた。

【写真特集】岡田准一がギャグ、変顔連発! 山本美月も爆笑

 MCから「コメディー(要素も強い)作品に出るのはどんな気持ち?」と聞かれると、岡田さんは「でも、もともとコメディー出身なので。出身というとおかしいけど、宮藤(官九郎)さんの作品とか若い頃よくやらせてもらっていたので」とコメディーには抵抗がない様子。「監督も『コメディー要素を強くしたい』とずっとおっしゃっていて、リアクションは強めにやってくれ、ということを話し合いながら作っていった感じです」と明かした。

 トークイベントには木村文乃さん、山本美月さんも出席。イベントでは「究極のミッションバトル」と題して、映画にまつわるクイズ対決や、会場の観客からの悩みに解決策を提案する対決も実施。岡田さんは、「好きな人に面白く告白したい」という悩みを受け、「『好き』を変に言うしかないですよね。『わたしあなたのことがすーきー!』みたいな……」と変顔を交えて回答。また、「ポーカーフェイスの職場の人と仲良くなりたい」という悩みにも、「ものまねとかしましょうか。 (同僚に)意地でも突っ込ませる、という。(例えば)中森明菜さん。すごい小さい声でしゃべってみてください」とアドバイスし、ぼそぼそしゃべって実演してみせるなどして、会場を沸かせた。

 イベントには原作者の南勝久さん直筆のイラスト色紙も届けられた。対決に勝利した岡田さんが色紙を受け取り、「うれしいですね、ありがとうございます」と喜んでいた。

 「ザ・ファブル」は、マンガ誌「週刊ヤングマガジン」(講談社)で連載中のマンガが原作。天才的な殺し屋として裏社会で恐れられる通称ファブル(岡田さん)が、ボス(佐藤浩市さん)から「1年間殺し屋を休業し、大阪で一般人として普通の生活を送る」という指令を受けて、殺しを封印して佐藤アキラという偽名で普通の生活を始める……というストーリー。 

最終更新:6/13(木) 21:49
まんたんウェブ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事