ここから本文です

巣立つまでお世話して――本当に飛び去るフクロウ型ペットロボットで母の気持ちを知った

6/13(木) 19:08配信

ITmedia NEWS

 成長すると羽根を広げて大空へ飛び立つ──タカラトミーが「東京おもちゃショー2019」(一般デーは6月15日~16日、東京ビッグサイト)で展示しているフクロウ型ペットロボット「とんで!オウリー」は、そんな一風変わったギミックを備える。本体に内蔵したプロペラで、文字通り勢いよく“飛び立つ”。

プロペラが回って巣立つ

 ロボット本体に、鳥の巣をモチーフにした台座、ごはん用のベリーが付属。ベリーを口元に近づけてご飯をあげたり、頭をなでたり、本体を揺らすことで寝かしつけたりできる。オウリーは目の部分に内蔵したLEDの光と声で「大好き」「おなかすいた」「さむい」「げっぷしたい」などの感情を伝える。

 オウリーを羽ばたかせるには、飛び方を教えてあげる必要がある。飛び立たせるための手順は次の通り。

 まず、目が白色になった「気分が良い」状態のオウリ—を手に持ち、空中で上下に振る。飛ぶ練習が十分にできると目の色がレインボーになったオウリーが「イェーイ!」と叫び、本体からラッパ音が流れる。ラッパ音が流れている間にオウリーを巣に戻すと、首の部分を境に本体が上下に分離し、内蔵したプロペラが勢いよく回り出して空中へ飛び立つ。

 オウリーは最大80センチ上空まで、約10秒間浮遊する。危ないので飛び立つときは巣から2メートル離れる必要がある。

 タカラトミーの担当者は「お世話をすると実際に巣から飛び立っていくというストーリー性のあるペットロボット」と話す。フクロウをモチーフにした理由は「丸くかわいらしいフォルムで世界的にも人気があるため」と説明している。

 飛ぶ経験を重ねると徐々に飛ぶ時間が長くなるという。初回は必ず飛行に失敗する仕掛けになっているそうなので、育てがいもありそうだ。

 本体サイズは100(幅)×100(奥行)×110(高さ)ミリ、重量は87グラム。充電式のリチウムイオンバッテリーを内蔵する。

 発売日は8月10日で、価格は6980円。カラーバリエーションは、シュガーホワイトとドリーミーピンクの2種類を用意する。

ITmedia NEWS

最終更新:6/13(木) 19:08
ITmedia NEWS

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo!ニュースからのお知らせ