ここから本文です

ローソンに進化系バターサンド「サクバタ」登場 厚みのあるバタークリームにアガります

6/13(木) 22:18配信

ねとらぼ

 ローソンは6月18日、丸くて厚みのあるバターサンド「サクバタ サクッとバターサンド」を発売します。「キャラメル」「ストロベリー」の2ラインアップ。価格は各220円(税込)です。

【画像で見る】試食レポート

 バターサンドは、バタークリームをクッキー生地で挟んだスイーツ。近年専門店などで人気が高まっています。「サクバタ」は、キャラメル味やイチゴ味の厚みのあるバタークリームを、サクサクとした食感の丸いクッキーでサンドした商品です。

 「キャラメル」は、2種類の焦がしカラメルを加えたほろ苦い味わい。クリームの中にはあめがけのアーモンドが入っています。「ストロベリー」は、甘酸っぱいイチゴ味のホワイトチョコ入りバタークリームをクッキー生地でサンド。クリームにはフリーズドライストロベリーをミックスしているので、色合いや食感に変化があります。どちらのクッキー生地も発酵バター入り。

 ローソンによると「これまでは、四角いクッキー生地で甘いクリームを挟んだものが主流でしたが、昨年秋頃から専門店を中心に見た目・食感・味わいにこだわった様々な商品が発売され、流行に敏感な女性を中心に人気が高まっています」といいます。流行をいち早く取り入れる「バスチー」などのスイーツラインの新商品です。

「サクバタ」試食してみた

 発売は6月18日ですが、ねとらぼ編集部では一足先に「サクバタ」を試食しました。まず驚くのがその厚さ。バタークリーム部分が2.5センチほどあります。「Uchi Cafe」のロゴの入った固めのプラスチックフィルムを剥がしていただきます。

 クッキー生地はけっこうしっかりめ。やわらかいと食べているときに崩れてしまうのでは……と少し心配でしたが、無事に崩さず食べきれました。キャラメルは大人なほろ苦さで、コーヒーなどと合わせて食べたくなります。ストロベリーはフリーズドライの味わいがちょっとしたアクセントになっていて、甘いのが好きな人にはこちらがオススメ。

 どちらもバタークリーム部分はなめらかでよいバランス。特にストロベリーは「これ単品でパンに塗ってもいいな……!」と思いました。当然のことなのですが、あたたかいとクリームがややゆるむので、冷やして食べたいスイーツです。

 気になるカロリーは、キャラメルが295キロカロリー、ストロベリーが253キロカロリー。パクパクッと食べられてしまうので、食べすぎにはご注意です!

(ねとらぼGirlSide編集部)

ねとらぼ

最終更新:6/13(木) 22:18
ねとらぼ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事