ここから本文です

DA PUMP、16年9カ月ぶりの日本武道館公演で新曲披露。今回の振り付けは“バイーン”

6/13(木) 21:32配信

BARKS

DA PUMPが6月13日、日本武道館で<LIVE DA PUMP 2019 THANX!!!!!!! FINAL>初日公演を行なった。

◆ライブ画像(5枚)

<LIVE DA PUMP 2019 THANX!!!!!!! FINAL>は、ファンへの感謝を伝えるために開催されたライブツアー。さらに初日公演の場、日本武道館はDA PUMPにとって2002年以来16年9カ月ぶりに立つステージ、かつ現体制で初のステージでもある。これから新たなステージに向かうにあたって“今”のDA PUMPの集大成を見せるという意味も込められた、特別なライブだ。

1万人のファンが集まった初日公演は、これまでのライブ映像を使ったオープニングムービーを経て、大ヒットシングル「U.S.A.」で高さ8m40cmの巨大なセットの上部にメンバー7人が現れるという最高の演出で幕を開けた。メンバーにあわせファンも一緒になって踊り、初っ端から会場はヒートアップ。

セットのスクリーンには曲にあわせ次々華やかな映像が映し出され、それをバックにメンバーは変幻自在のパフォーマンスをみせる。3月に発売されたシングル「桜」収録の「Do it!宙にジャンプ」がライブ初披露されたほか、セットリストには「ごきげんだぜ! ~Nothing But Something~」や「Rhapsody in Blue」といった新旧ヒットソングも含まれており、ずっとDA PUMPを応援してきたファンにも、新世代のファンにもどちらにも嬉しいライブだ。

そしてアンコールでは、なんと8月7日に発売されるニューシングルが初披露された。あわせてタイトルが「P.A.R.T.Y. ~ユニバース・フェスティバル~」であることも発表された。本作は「U.S.A.」に次ぐアッパーなパーティーチューンで、7月26日全国公開の映画『劇場版 仮面ライダージオウ Over Quartzer」の主題歌に起用されている。なお、映画にはメンバーがゲスト出演することも決定している。

ライブ前に行われた囲み取材でのメンバーのコメントによると、新曲は「底抜けに楽しく明るい曲で、DA PUMPらしさ全開」とのこと。そして今回注目したいのは、サビの“バイーン”という振り付け。TOMOがアメリカで流行っている動きを取り入れたという。「U.S.A.」での“いいねダンス”のように、誰もが真似したくなるキャッチーな動きになっている。ほかにも“レインボージャンプ”、“ゾンビウォーク”などの特徴的なダンスも入っていて、一度見たらクセになること間違いなしだ。楽曲も派手なダンスサウンドで、盛り上がる一曲に仕上がっている。

最新のDA PUMPを提示した後、ラストは「U.S.A.」。これからのDA PUMPへの期待がさらに高まる熱狂が生まれた会場に向けメンバーが感謝を伝え、ライブが締めくくられた。なお、<LIVE DA PUMP 2019 THANX!!!!!!! FINAL>は明日6月14日に同じく日本武道館公演、7月7日には17年10カ月ぶりの大阪城ホール公演が予定されている。

NEW SINGLE「P.A.R.T.Y. ~ユニバース・フェスティバル~」
2019年8月7日(水)発売

■初回限定生産盤[CD+グッズ]
品番:AVZD-16944
価格:¥2,300+税

■初回限定生産盤[CD + DVD(スマプラ対応)]
品番:AVCD-16945/B
価格:¥1,800+税

■初回限定生産盤[CD + DVD(スマプラ対応)]
品番:AVCD-16946/B
価格:¥1,800+税

■通常盤[CD ONLY]
品番:AVCD-16947
価格:¥1,000+税

<LIVE DA PUMP 2019 THANX!!!!!!! FINAL>
2019年6月13日(木)日本武道館
2019年6月14日(金)日本武道館
2019年7月7日(日)大阪城ホール

最終更新:6/13(木) 21:32
BARKS

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事