ここから本文です

週末は「梅雨の嵐」に警戒 低気圧の急発達で雨風が強まる恐れ

6/13(木) 16:32配信

ウェザーニュース

関東の雨風ピークは15日午後

 明日14日(金)、東シナ海に発生した低気圧が15日(土)から16日(日)にかけて急発達しながら日本列島を通過していきます。

 週末は西日本から北日本の広い範囲で風雨が強まり、「梅雨の嵐」となりそうです。


 西日本の早い所では14日(金)から雨、風が強まってきます。

 四国から近畿にかけては15日(土)の午前中が雨のピークで、午後も強い雨の降る所がありそうです。

 東海は伊勢湾を中心とした沿岸部を中心に風が強く、瞬間的には30m/s近い暴風のおそれがあります。夕方にかけて要注意です。

 関東でも15日(土)午後から雨、風が強まり、沿岸部では横殴りとなります。

 低気圧の北東進に伴い、夕方以降は東北でも風雨が強く、特に太平洋沿岸で風が強まりそうです。

 16日(日)は北陸や北日本で荒れた天気に見舞われます。特に北海道の太平洋側は強い風とともに、雨量も多くなりますので、十分にご注意ください。

メイストームと同じパターン

 梅雨の時期は北の冷たい空気と南の暖かな空気が拮抗し、前線が停滞することが多くなります。

 今回は上空5500m付近で-12℃以下の寒気の一部突き出した部分が東シナ海まで南下。南に広がる暖かく湿った空気との温度差が大きく、低気圧が急発達します。「メイストーム」で知られる5月頃に良く見られるパターンです。

 現在は偏西風が蛇行しており、上空の寒気が日本まで南下しやすいことから、異例の「梅雨の嵐」につながったと見られます。

電車遅延など交通機関に影響のおそれ

 強い風により鉄道など交通機関に遅れなどの影響が出るおそれがあります。

 週末で外出や移動を予定されている方は、最新の情報をご確認ください。

ウェザーニュース

最終更新:6/13(木) 16:32
ウェザーニュース

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事