ここから本文です

秦 基博、aikoの楽曲で「心の穴を埋めていました」「ずっとキュンキュンしていた」

6/13(木) 17:01配信

J-WAVE NEWS

J-WAVEで放送中の番組『SONAR MUSIC』(ナビゲーター:あっこゴリラ)。注目の新譜・いま注目すべき名盤・話題の来日アーティストなど、様々な旬のトピックを週替わりで4日間かけて掘り下げていくコーナー「FEATURE TOPICS」。6月10日(月)から13日(木)は、4枚組のシングルコレクション『aikoの詩。』をリリースしたaikoさんを特集。

aikoの曲、漢字2文字のタイトルが多い理由

『aikoの詩。』は1998年にリリースされた1stシングル『あした』から、2018年リリースの38thシングル『ストロー』まで、両A面シングルを含む表題曲を網羅した全42曲を収録した3枚と、カップリング曲を1枚に収めた4枚組で構成。これまでのシングルが時系列ではなく、aikoさん自身が決めた曲順で収録されています。

特集1日目は、あっこゴリラがaikoさんの魅力を語りました。特集2日目となる6月11日(火)のオンエアでは、aikoさんの大ファンである秦 基博さんからのコメントを紹介しました。

心の穴を埋めたaikoの曲

秦さんが初めてaikoさんの音楽とであったのは大学生の頃。大学までの道すがら、電車の中でよく聴いていたそう。大学では夢みていたキャンパスライフが待っていると思っていた秦さんですが、現実は思うようにいきませんでした。

秦:しゃべる人がいなかったという日々を過ごしていたんです(笑)。その間、aikoさんの曲を聴いて心の穴を埋めていました。女の子の気持ちというか恋している気持ちとか、そういうのを曲からいただいていたような気がします。どんなところに衝撃を受けたかと言いますと、まずは歌声ですね。歌の表情だったり、声そのものもすごくステキですが、歌っている声色にやられましたし、歌詞にいろいろ胸キュン。ずっとキュンキュンしていた印象があります。『ロージー』とかね。

秦 基博がaikoから受けた刺激

秦さんが思うaikoさんの魅力は「メロディライン」。

秦:メロディラインがすごく自由で、上下とかリズムもそうですけど、それに対して歌詞が乗っかる感じも含めて、本当にオリジナリティというかオンリーワンで、aikoさんの世界がそこに広がっているので、すごいなといつも思っております。

さらに、秦さんがアーティストとしてaikoさんに刺激を受けている部分は「とにかく曲をたくさん作っているところ」と明かしてました。

秦:刺激というか、すごいなっていつも思っています。スイッチをずっと入れ続けて、書き続けているところは本当すごい。僕はすぐにオフにするので(笑)。

13日(木)もaiko特集は続きます。時間は23時ごろから。お楽しみに。

【番組情報】
番組名:『SONAR MUSIC』
放送日時:月・火・水・木曜 21時-24時
放送局:J-WAVE(81.3FM)

最終更新:6/13(木) 17:01
J-WAVE NEWS

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事