ここから本文です

14日(金)は沖縄・奄美で大雨 週末は東・北日本で荒天のおそれ

6/13(木) 12:05配信

ウェザーマップ

 13日は東京など関東で梅雨入りして以来、初めての洗濯日和となっている。気温が高いので、熱中症など健康管理に注意が必要だ。ただし、梅雨の晴れ間は長くは続かず、あす14日(金)は西日本から雨の範囲が広がる見通し。週末は、東日本や東北を中心に、荒れた天気となるおそれが出てきた。

14日 西から雨に

 梅雨前線に近い沖縄・奄美は13日夜から雨脚の強まる所があり、14日は局地的に1時間に50ミリの非常に激しい雨が降り、警報級の雨となるおそれがある。土砂災害や低い土地の浸水、河川の増水に注意が必要だ。
 
 西日本も天気が下り坂で、九州南部は14日の早い時間から雨となり、日中は雷を伴う所がある見込み。四国や中国地方でも午後は雨の範囲が広がり、夜以降は近畿や東海、関東の一部でも雨の降り出す所がありそうだ。

週末 大雨・強風に注意

 15日(土)は低気圧が西・東日本を発達しながら通過するため、西日本から北日本の広い範囲で雨が降る予想だ。全国的に風が強く吹き、16日(日)にかけて東日本や東北を中心に荒れた天気となる見込み。東日本や東北の太平洋側では、湿った空気が吹きつけて局地的に雨雲が発達し、雨量が多くなる所もありそうだ。今後の気象情報に注意が必要となる。(気象予報士・高橋和也)

最終更新:6/13(木) 12:05
ウェザーマップ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事