ここから本文です

【バレー】全日本女子、タイに快勝 明日誕生日の黒後愛が躍動「絶対ストレートで勝とうと思っていた」ネーションズL

6/13(木) 21:25配信

バレーボールマガジン

バレーボールネーションズリーグ女子は13日、武蔵野の森総合スポーツプラザで東京ラウンド最終日を迎え、タイを25-22,25-22,25-14とストレートで快勝した。

スターティングメンバーは、
新鍋理沙、鍋谷友理枝、佐藤美弥、黒後愛、渡邊 彩、芥川愛加、リベロ小幡真子
前日のセルビア戦で流れを変えた鍋谷友理枝と、2日間は控えで過ごした黒後がスタートから走り、第1セットを先取。第2セットは終盤までタイにリードされる展開だったが、黒後が6連続得点を決め、逆転に成功。第2セットも連取すると、第3セットは勢いを失わず、そのままストレートで押し切った。

中田久美監督は「アジア大会で苦杯をなめた相手なので、日本の皆さんの前で勝ててよかったです」とにっこり。黒後も「アジア大会でストレート負けしていたので、絶対ストレートで勝とうと思っていた」と力強くコメントした。翌日が誕生日という黒後は「21歳は、20歳より濃い1年にします!」と宣言。
ネーションズリーグは、来週は韓国ラウンドで日本は戦う。

最終更新:6/14(金) 12:34
バレーボールマガジン

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事