ここから本文です

ミキ、ゆにばーす、EXITらが優勝宣言!M-1グランプリ2019エントリー開始

6/13(木) 17:16配信

TOKYO HEADLINE WEB

 漫才頂上決戦「M-1グランプリ2019」の開催会見が13日、都内で行われ、2018年大会の王者である霜降り明星、決勝でぶつかりあったミキ、見取り図、ゆにばーす、トム・ブラウン、さらにEXITら今年活躍が期待されるコンビが登壇した。

ミキ、ゆにばーす、EXITらがぶつかる!

 13日から2019年大会へのエントリーがスタート。ミキ、見取り図、ゆにばーす、トム・ブラウン、アインシュタイン、からし蓮根、たくろう、東京ホテイソン、EXITは、エントリーするか改めて確認されると「もちろんです」と口を揃えた。

 いずれの組も優勝を目指して出場するが、ゆにばーすの川瀬名人はなみなみならない意気込み。もともと優勝したら引退すると言い続けている川瀬は「去年、そして前の年と意気込みすぎてえらいことになりましたので、精神から鍛えていこうと思って、8万円のパワーストーンを買いました。パワーストーンが割れなければ優勝することは間違いない」。トム・ブラウンのみちおは「M-1は優勝するために出るもの」と静かに熱っぽく語った。

 大ブレーク中のEXITは17年、18年と挑戦しているが3回戦止まり。兼近は「ダメージスーツを用意してある」とやる気。優勝賞金を何に使うか聞かれた際には「泡パ」とチャラくぶっかますと、りんたろー。が「本当は両親にマンション買いたいって言ってました」とフォローした。りんたろー。は会いたかったDJ KOOに会い「今年はあるよ」と言われたことを明かした。DJ KOOは昨年大会で順位を当てている。

 昨年大会で最年少で優勝した霜降り明星は、顔を見ない日はないといっても過言ではないほどの活躍ぶり。粗品は「いろんなところに出させてもらっている。令和になって令和という言葉の手話の表現が俺のツッコミなんです」。とはいえ、ギャラの変化について聞かれると、2人は「いや~」と首を傾げた。2019年大会へのエントリーについては、「まあ難しいですよね。優勝した後っていうのは……」というせいやに、質問した司会の陣内智則は間髪入れずに「まあ、そうね、(エントリー)せんでいいんやない?」。粗品は「(せいやと一緒に人命救助をした)壇蜜さんとトリオでやるとかだったらまた」と笑っていた。


◆ベストアマチュア賞の漫画家・森田「いいジャケットもらえる」

 この日の会見には、漫画家の森田まさのりと長田悠幸によるコンビ・漫画家も登壇した。2018年の大会でベストアマチュア賞を受賞。19年大会への出場について聞かれると森田は「このあいだ長田くんがネタを書いています、と。長田君は仕事しながらでもできるけど、僕は仕事を始めると他のことができないから……。どうしようかな」。

 森田はまた「僕らが始めたのは長田君が42で、僕が51の時だった。何かを始めるのに遅いことはない。誰でも新しいことを始めるつもりで、思い出作りでもいいですし。いいジャケットももらえるんで……」とエントリーを呼びかけた。

 大会への出場資格は、プロアマ、所属事務所の有無を問わず、コンビ結成15年以内。エントリーは8月31日まで。

最終更新:6/13(木) 17:23
TOKYO HEADLINE WEB

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事