ここから本文です

資生堂化粧品スタッフら、女性の美しさ引き出す技競う メークアップ全国大会目指し、さいたまで予選会

6/13(木) 10:19配信

埼玉新聞

 資生堂の化粧品専門店スタッフらのメークアップコンテスト「第7回NCCコスメティック甲子園」の関東・甲信越エリア予選会が10日、埼玉県さいたま市中央区で開かれた。出場した42人がメークアップの技を競い、5人が8月の全国大会への切符を手にした。

同時に子宮頸がんと妊娠、病院から「がん進行なら諦めて」 朝霞の45歳、無事に出産 闘病ブログを本に

 大会は、資生堂化粧品の販売専門店の経営者らでつくる自主運営組織「NCC」が主催し、資生堂ジャパンが協賛している。店舗でのメークアップ技術やサービス向上などを目的に、毎年開催されている。今年は全国7エリアで行われ、計460人がエントリーした。

 出場者らは15分間でモデルの顔の特徴や肌質などを分析して、専用シートに記入。モデルの美しさを最大限に引き出すための化粧品を選んだ後、30分の制限時間内でメークを完成させた。埼玉からは12人が出場したが、予選突破とはならなかった。

 開会に先立ち、福家寛司会長は「今日のために練習を積んできたはず。緊張もあると思うが、メークにかける情熱と技術をこの場で大いに発揮してほしい」と激励した。

最終更新:6/13(木) 10:19
埼玉新聞

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo!ニュースからのお知らせ