ここから本文です

ポケモンGO:No.154 メガニウム入手方法・色違いと対策 (大人のポケモン再入門ガイド)

6/13(木) 18:20配信

Engadget 日本版

最先端のモバイルARと、世代を超えて人気のポケットモンスターが融合したポケモンGO。久々にポケモンを遊ぶ元トレーナーや、これが初めてのポケモンゲームというかたに向けて、要点だけをまとめた大人向け「ポケモン図鑑」です。

大人のポケモンGO図鑑

今回は第2世代の御三家チコリータの進化形である「メガニウム」。

No.154 メガニウム

全国図鑑番号: No. 154 (ジョウト地方・第二世代)
初出:『ポケットモンスター 金・銀』(ゲームボーイ 1999年)
分類:ハーブポケモン
英語名:Meganium

図鑑の解説

「花の香りは気持ちを穏やかにする。戦いのときは香りを発散させて相手の戦う気持ちを鈍らせるのだ。」

ゲーム内データ

進化:チコリータ(チコリータのアメ25個)> ベイリーフ(チコリータのアメ100個)> メガニウム
色違い:あり
タイプ:くさ
天候ブースト:晴天
弱点:ほのお・むし・どく・ひこう・こおり(×1.6)
耐性:みず・くさ・でんき・じめん(×0.625)
種族値:HP190・攻撃168 ・防御202

メガニウムの入手方法(2019年6月時点):

・チコリータ、ベイリーフからの進化
・チコリータは2kmたまごから孵化
・野生で稀に出現

メガニウム対策ポケモン:

番号 名前(おすすめ技の例)
146 ファイヤー(ほのおのうず / ゴッドバード)
006 リザードン(ほのおのうず / オーバーヒート)
384 レックウザ(エアスラッシュ /つばめがえし)
407 ロズレイド(どくづき / ヘドロばくだん)

メガニウムの弱点である「ほのお」タイプの攻撃ができ、くさタイプの攻撃に耐性のあるファイヤー、リザードンなど、ほのお系のポケモンが有効です。どちらも、くさタイプの技が約0.4倍のダメージと2重耐性なのでゴリ押しで闘えます。

ほのお系のポケモンがいない場合、同じく弱点がつける「ひこう」タイプや、「どく」タイプの攻撃ができるレックウザやロズレイドがおすすめ。ほのおタイプのポケモンと同じく、くさタイプの技が約0.4倍のダメージと2重耐性があります。

※ファイヤーの「ゴッドバード」はレガシー技(現在は新規に覚えられない技)です

1/2ページ

最終更新:6/13(木) 18:20
Engadget 日本版

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事