ここから本文です

センター試験廃止によって変化する受験費用 世間の期待と不安

6/13(木) 19:30配信

ファイナンシャルフィールド

2020年度、大学入試が変わります。これまで行われてきた「大学入試センター試験」が廃止され、新たに「大学入学共通テスト」がスタートします。大学入試といえば試験と同じくらい心配になるのが受験費用です。試験は新しい形式になりますが、受験料はどうなるのでしょう?

受験生が抱える期待と不安

平成から令和へ変わる節目の時に、受験生たちはどの程度の予算を想定しているのでしょう?以下では具体的な金額とともに解説していきます。

・大学受験の費用で受験料以外の支出を負担と感じる人は6割超
株式会社シンドバッド・インターナショナルでは、首都圏・関西圏など都市部の大学を受験する予定、もしくは受験をした人たちにアンケートを行いました。

その結果、65.5%の人たちが大学受験における受験料以外での支出に対し、「とても負担」または「やや負担」と回答しました。「受験料以外」の支出とは「交通費」や「宿泊費」などの諸経費を指します。

また、「受験料以外の支出」について予定額を質問したところ結果は以下の通りになりました。割合が多かった順から列挙します。

 (交通費) 1万円以上~3万円未満  25.9%
       5000円以上~1万円未満 18.0%
       5万円以上~10万円未満 18.0%
       5000円未満       13.7%
       3万円以上~5万円未満  12.9%
       10万円以上       7.9%
       未定          1.4%
       よくわからない     1.4%
       交通費はかからない   0.7%

 (宿泊費) 
       宿泊費はかからない 25.9%
       1万円以上~3万円未満  18.7%
       3万円以上~5万円未満  12.9%
       5000円以上~1万円未満 12.2%
       5万円以上~10万円未満 12.2%
       5000円未満       8.6%
       10万円以上       5.8%
       未定           2.9%
       よくわからない      0.7%

交通費、宿泊費のいずれも「3万円以上」が3割を超えています。対して「交通費はかからない」と回答した人は0.7%、「宿泊費はかからない」と回答した人は25.9%でした。

受験会場まで一切、交通費・宿泊費がかからない人より、3万円以上かかるという人の方が多いですね。地方から受験にやってくる学生の負担が伺い知れます。

・大学受験の際に期待するサービス
同アンケートでは、遠方から受験にやってくる人たちに対しての「こんなサービスがあったら便利だと思うことを選んでください」という質問も行っています。

そこでは、半数近い人が「地方会場での受験」を挙げました。次いで挙がったのは「宿泊は伴わない」の20.9%、「大学受験専門の格安交通・宿泊予約サービス」の15.8%です。

諸経費に対する不安が反映されている回答ですね。多くの人が費用に関係するサービスや特典を望んでいることが分かります。

たしかに希望の大学の受験会場が近ければ、交通費などを気に病む必要はありません。受験シーズンになると、大学近くのホテルは受験生らの予約ですぐに埋まってしまいます。

予約しようとしたら泊まる場所がない……なんてことになったら大変です。前泊して万全の体勢で本番に臨みたいのに、アクセスや宿泊のことで悩みたくはありませんよね。

1/2ページ

最終更新:6/13(木) 19:30
ファイナンシャルフィールド

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事