ここから本文です

ジェントルマンドライバーの星

6/13(木) 15:03配信

J SPORTS

5月25日、26日に開催されたポルシェカレラカップ ジャパン(PCCJ)第5-6戦はご覧になりましたか。腕利きのポルシェパイロットたちがイコールコンディションの911 GT3 Cupで戦うPCCJは、いつもレベルの高いエキサイティングなレース展開になるのですが、この鈴鹿では、ポルシェカレラカップ アジア(PCCA)と同時進行という初めての試みにより、展開が予想できない、はらはらドキドキのレースになりました。

どんなレースだったかは、ぜひJ SPORTSオンデマンドのLIVE配信(録画)をご覧いただくとして、目前に迫っているPCCJ第7-8戦も見どころが満載。というのも、今回はいつものようなSUPER GTとの併催ではなく、「Porsche Sportcar Together Day 2019」という、富士スピードウェイがポルシェ一色に染まるイベントのなかで開催されるからです。

6月15日、16日の2日間で、レースだけでも、PCCJ、PCCA、さらに、PCCJのステップアップカテゴリーとして注目されているポルシェ スプリント チャレンジ ジャパン(PSCJ)が開催されます。それぞれ、1回の予選と2回の決勝レースが行われますので、いつものレースウィーク以上に、ポルシェの勇姿を見られるのがいまから楽しみです。

それだけに、この週末はいつにも増して慌ただしいのですが、私たちよりもさらに忙しくなりそうなのが、PCCJのジェントルマンクラスにエントリーしているIKARI選手です。今シーズンは3回の表彰台を獲得し、現在シリーズランキング3位に立っています。好調の要因のひとつに、PSCJやFIA-F4に参戦し、腕を磨いていることが挙げられます。ちなみに、PSCJでは今季4戦中3勝を収め、シリーズランキングトップを独走中です。

今回はPCCJとPSCJのダブルエントリーになるわけですが、ふだん、SUPER GTと併催されるときにも、PCCJとFIA-F4をかけもちしているIKARI選手。前回の鈴鹿ではPCCJとFIA-F4あわせて3回表彰台を獲得していますので、今回の富士では何度ポディウムに立つのか、いまから楽しみです。

そういえばPCCJ開幕戦の岡山へは、東京からクルマで駆けつけていたIKARI選手。基本的にはサーキットには自走するそうですが、どれだけ運転が好きなんでしょうね。そんなジェントルマンドライバーの星、IKARI選手からは、いつも元気をもらっています。

文:生方 聡

最終更新:6/13(木) 15:03
J SPORTS

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo!ニュースからのお知らせ