ここから本文です

大宮第二公園でアジサイ間もなく見頃 白や青、薄紫など約800株 6月下旬から7月上旬が最適

6/13(木) 10:25配信

埼玉新聞

 埼玉県さいたま市大宮区の大宮第二公園でアジサイが間もなく見頃を迎える。約2500平方メートルのアジサイ園には白や青、薄紫など約800株が咲き誇り、梅雨のじめじめした季節に清涼感を与えている。

大宮氷川神社にホタル500匹、大勢の市民ら鑑賞会 ホタルの名所復活へ 子どもら感動「流れ星みたい」

 公園管理事務所によると、園内には西洋アジサイ、ガクアジサイ、カシワバアジサイなど4種類が咲いているという。今年は見頃の時期が少し遅れ、今月下旬から来月上旬が最適という。

 この日は近隣の高齢者や写真愛好家などが訪れ、多くの人の目を楽しませていた。

 同公園では15日に「花と緑に親しもう2019」と題した催しを行う。安全保護具を利用して木登り体験ができるツリークライミングや寄せ植え教室、ハーブの入浴剤作り、ハンギングバスケットの展示などを行う(有料または先着順の催しもあり)。

 問い合わせは、同公園管理事務局(電話048・642・2228)へ。

最終更新:6/13(木) 10:25
埼玉新聞

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事