ここから本文です

JAL初導入のエアバス機「A350-900」仏から日本へテイクオフ! 最新鋭機の特徴は?

6/13(木) 20:30配信

乗りものニュース

JAL、国内線刷新へ 最新鋭A350-900型機の機内は

 JALはA350 XWB導入を「挑戦と成長を続けるJAL」の象徴として位置づけ、このA350-900型機の初号機から3号機までに特別塗装を実施。初号機は「挑戦」のレッド、2号機は「革新」のシルバー、3号機は「エコ」のグリーンで、機体後方に大きく「AIRBUS A350」の文字が描かれます。20色以上を使ってグラデーションさせた、技術的にも難しいものといい、JALのスペシャリストがエアバスの工場があるトゥールーズへ飛び、塗装に携わったそうです。

「JALは国内線を大きく刷新していこうと考えています。このA350型機は、他社と差別化し、リードしていく飛行機です。この特別塗装を見て『JALとエアバスの新しい飛行機なんだ』と分かっていただけるようにしました」(JAL 欧州技術品質保証部 部長 小倉隆二さん)

 JALが導入する国内線仕様のA350-900型機は、ファーストクラス、クラスJ、普通席の3クラス構成。全ての座席に個人モニター、電源コンセント、USBポートが備えられます。個人モニターでは、機外カメラによる映像も楽しめるとのこと。

「A350 XWBについて乗客から多かったフィードバックは、広いこと、静かなこと、快適なことでした」(エアバス A350 XWB プロダクトマーケティングマネジャー Claire Thomasさん)

 A350 XWBの機内は気圧が地上に近づけられているほか、そのモックアップ(実物大模型)に記者(恵 知仁:乗りものライター)が入ったところ、外壁の丸みによる圧迫感が少なく、確かに広く感じたのが印象的でした。

 ちなみに初号機は離陸後、再び滑走路の上空に現れ、翼を振ったあと、羽田空港へ旅立っていきました。到着は6月14日(金)朝8時ごろの予定です(早まる可能性あり)。

恵 知仁(乗りものライター)

2/2ページ

最終更新:6/13(木) 21:30
乗りものニュース

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事