ここから本文です

バルサ行きを躊躇するデ・リフト 去就はバカンス明けまで明言せず

6/13(木) 21:01配信

SPORT.es

まだアヤックスの選手であるマタイス・デ・リフトはバカンス中に自身の将来について決断を下すようだ。
このオランダ人センターバックはInstagramを通して、1枚の写真と共に自身のファン達に向けて簡潔なメッセージを送った。

デ・リフトが第3の扉を開く「アヤックス以外に夢のクラブはない」

「シーズンはようやく終わりを告げた。多くの忘れられない時を過ごした信じられない旅だった。今はリラックスし、充電する時だ」
デ・リフトはこのように記し、来シーズン、自分がプレーするチームがどこになるのか明らかにする事はしなかった。

彼の移籍先の有力候補にはバルサ、ユヴェントス、PSGなどの名前が挙がっている。
彼の友人であり、アヤックスと代表でのチームメイトであるフレンキー・デ・ヨングと契約を交わしたバルサは、この19歳の若きセンターバックの獲得に向けてポールポジションに立っていると思われていたが、選手本人は出場機会が保証されない事からカンプ・ノウに向かうべきか迷っている。

それ故、デ・リフトは決断を下すためにバカンスの期間を利用するようだ。イタリアからは彼の代理人のミノ・ライオラがPSGと交渉を行うためにパリに滞在しているという報道も出ている。

SPORT

最終更新:6/13(木) 21:01
SPORT.es

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事