ここから本文です

映画で数々の新人賞に輝いた木竜麻生、連ドラ初の単独主演

6/13(木) 6:00配信

Lmaga.jp

女性バーテンダーが主人公の連続ドラマ『まどろみバーメイド ~屋台バーで最高の一杯を。~』(テレビ大阪)が、7月に放送開始。若手女優・木竜麻生が、連ドラ初の単独主演をつとめる。

映画『菊とギロチン』と『鈴木家の嘘』(ともに2018年)で、「東京国際映画祭」や「キネマ旬報ベスト・テン」などの新人賞を獲得した木竜。主演にあたり、「バーテンダーという難しい役柄をやらせていただくことになり、今まで知らなかったカクテルやバーテンダーの魅力に触れています。まだ探り探りではありますが、みなさんと良いものにしていけたら」とコメントした。

木竜のキャスティングについて、同作の岡本宏毅プロデューサーは、「数々の新人賞を受賞した映画での演技も素晴 らしかったのですが、Akeboshiというアーティストのミュージックビデオで見せた新体操のリボンで踊る姿があまりにも可憐で美しく、ハートを鷲掴みにされてしまいました」と説明する。

早川パオの漫画『まどろみバーメイド』が原作の同ドラマ。月夜に現れてはふと消える不思議な「屋台バー」に訪れるさまざまな境遇の客や3人の女性バーテンダーが紡ぐ物語で、「泰然としたオーラ、凛とした佇まいがピッタリ」(岡本プロデューサー)という屋台バーの店主・月川雪を木竜が演じる。

このほか、国内外で活躍する女優・玄理(ひょんり)とモデルの八木アリサが雪と同居する先輩バーテンダー役に。同ドラマは7月13日より、毎土曜深夜0時56分よりテレビ大阪で、同0時よりBSテレ東で放送される。

最終更新:6/13(木) 6:00
Lmaga.jp

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事