ここから本文です

富山大教授が出張講義 高岡西高

6/13(木) 22:14配信

北日本新聞

■進路選択参考に

 富山大の教授らによる出張講義が13日、高岡市横田町の高岡西高校(蒲田雅樹校長)であり、2年生約120人が耳を傾けた。

 進路選択の参考にしてもらおうと、同校が10年ほど前から毎年実施している。人文学、人間発達科学、経済学、工学、都市デザイン学、医学の6学部の講義が行われた。

 都市デザイン学部の堀祐治教授は「持続可能型社会と都市デザイン」と題し、自家用車と鉄道を乗り継ぐパークアンドライドなどについて説明。「都市づくり、エネルギー計画にはゴールを見据えた計画が必要」と語った。

 樽谷百香さんは「初めて耳にする話も多く、興味深く聞くことができた」と話した。

北日本新聞社

最終更新:6/13(木) 22:14
北日本新聞

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事