ここから本文です

大型トレードでAD獲得を狙うレイカーズ、成立のカギはカイル・クーズマか?

6/13(木) 17:07配信

バスケットボールキング

若手2選手とドラフト4位指名権を提示するも、ペリカンズ側がクーズマを希望

 レブロン・ジェームズ擁するロサンゼルス・レイカーズは、リーグ最高級のビッグマンであるADことアンソニー・デイビス(ニューオーリンズ・ペリカンズ)をトレードで獲得すべく交渉を続けている。

 現地時間6月13日、現地メディア『The New York Times』のマーク・スタイン記者は、リーグの情報筋から伝えられた情報として、レイカーズはデイビスを獲得すべく、ブランドン・イングラムとロンゾ・ボールに加え、6月21日(現地時間20日)に行われる今年のドラフト1巡目4位指名権をオファーしていると報じた。

 キャリア3年目を終えた206センチのイングラムは、今季平均18.3得点5.1リバウンド3.0アシストをマーク。ボールはキャリア2年目を終えた198センチの長身ポイントガードで、今季平均9.9得点5.3リバウンド5.4アシスト1.5スティールを記録。どちらもまだ21歳と若く、今後の成長も見込める若手有望株である。

 もっとも、同記者によると、ペリカンズはデイビスを手放す前に、3チーム以上を絡めたトレードをまとめたいと考えているという。

 さらに、リーグの情報筋が『The Los Angeles Times』へ伝えたところによると、レイカーズがペリカンズとのトレードをまとめるためには、カイル・クーズマを加えることがマストなようだ。キャリア2年目を終えたクーズマは、206センチのパワーフォワードで、今季は平均18.7得点5.5リバウンド2.5アシストを残した23歳。

 レイカーズ側としてはクーズマのトレードはなんとしてでも避けたいようだが、ペリカンズ側はトレードのパッケージにクーズマを入れることを望んでいると、同メディアが報じている。

 デイビスのトレードが3チーム以上を絡めて成立するかどうかは微妙だが、もしレイカーズ側がクーズマの放出を決断した場合、7月1日(同6月30日)に幕を開けるフリーエージェント(FA)戦線を前に、大型トレードが成立する可能性はあると言っていいだろう。

BASKETBALL KING

最終更新:6/13(木) 17:07
バスケットボールキング

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事