ここから本文です

テーピングでパフォーマンスが向上? 元プロ野球トレーナーが新境地を開く

6/13(木) 19:49配信

Full-Count

「球速・ボールの回転数」と「スイングスピード」の変化を検証

 プロ野球ファンはもちろん、あまりスポーツには馴染みがない人も、テーピングの存在はご存知だろう。競技中のケガの予防と再発防止、または痛みを軽減させるために巻くテープ。しかしそれは使い方によっては、アスリートのパフォーマンスを「向上」させるのでは? そんな画期的な考えを持った方々がいる。

【動画】少年少女必見! プロが教えるグラブの磨き方を実戦「毎日やってほしい」理由は?

 5月、桜美林大学で教鞭を執る若松健太氏と、山梨学院大学のトレーナー・永井裕樹氏は「ケガをしていない箇所にテーピングを施すことで、パフォーマンスを向上させることは可能か?」という実証実験を実施。普段の状態と、永井氏の手でテーピングを巻いた状態では、「球速・ボールの回転数」と「スイングスピード」に変化があるのか比較した。使用するテープは、伸縮性のある“キネシオロジーテープ”というものだ。

 実験に参加したのは、若松氏が発足した草野球チーム「ジャンクベースボールクラブ」のピッチャーとバッター4人。宮台康平投手(日本ハム)の東京大学時代の先輩であるアンダースローや、桜美林大学で佐々木千隼投手(ロッテ)、山野辺翔選手(西武)とチームメイトだった右の強打者など、全国区の実力派ばかり。チームも関東草野球リーグ1部で4度優勝、第42回サンスポ野球大会の東日本大会で準優勝した強豪だ。検証結果については、「パーソル パ・リーグTV」の動画でも見ることができる。

ケアから広がる可能性、奥が深いテーピングの世界

 今回実験を監修した若松氏は、桜美林大学で講師としてスポーツ医学、解剖学、スポーツコンディショニングなどを担当し、2009年には楽天で臨時トレーナーを務めた。若松氏を「平等なスタンスの先生」と称する永井氏は、同じく楽天でリハビリコーディネーター、コンディショニングコーチ、通訳を兼任し、MLBのサンフランシスコ・ジャイアンツ3Aフレズノ・グリズリーズで学んだ。

 輝かしい経歴の持ち主ながら、気さくでエネルギッシュな両名により、実験は終始和やかな雰囲気で進行。息の合った掛け合いも見せてくれた2人に話を聞いた。

――そもそもテーピングといえば、ケガの治療や予防というイメージが強い。

永井氏「基本的に、テーピングとはケガをした人に対してのサポートが多いです。例えば、損傷した靭帯は修復しないので、壊れてしまったところはゆるいままですが、テーピングという補強をすることで(新しい)ケガが防げます。それが予防の観点です」

若松氏「昔と今では大きく違います。かつてはキネシオロジーテープがなく、伸縮性のない“ホワイトテープ”を使っていました。ケガをした後に、足首なら内反(捻挫)をしないように巻きます。しかし、ケガをしても(試合に)出なければならない選手もいます。ホワイトテープで固定すると動けなくなってしまう。それで、最低限、悪化させないようにしつつも(試合で)動けるようにという巻き方をするようになりました。筋肉を補助したり(状態が)良くなってきたときに動けるようにしたりと、だんだん進化しています」

永井氏「パフォーマンスを向上させるための補助的な要素が増していると思います。伸縮性のないホワイトテープも、例えば足首に巻いたら固定感によって安定性が出るので、痛みを軽減させるような効果が見られます」

――今回の実験で、テーピングのさらなる可能性を模索している?

永井氏「はい。パフォーマンスの向上のためにテーピングを使ったのは今回の検証が初めてです。ケガをしていなければ必要とされないし、できるなら貼らない方が良いと考えられているものに、もしかしたら可能性として生きるものがあるかもしれない。ただ、同じ商品が販売され続けるわけではない。少しずつマイナーチェンジするし、全国のトレーナーが同じメーカーを使っているわけではないので、検証し続けるのもなかなか難しいのですが」

1/3ページ

最終更新:6/13(木) 22:27
Full-Count

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事