ここから本文です

ピレリF1、2020年に作動温度領域の広いタイヤを提供へ。18インチ化を考慮しつつ開発進める

6/13(木) 17:03配信

オートスポーツweb

 F1タイヤ公式サプライヤーであるピレリは、2020年のF1タイヤの作動温度領域を広げるために現在研究を行っていると、ピレリのカーレーシング責任者であるマリオ・イゾラが語った。

【関連写真】ピレリF1の新18インチタイヤ

 2019年、ピレリは2018年に起きたオーバーヒートの問題に対応するため、トレッドの薄いタイヤを導入した。しかし、多くのチームが、作動温度領域の狭さに苦労し、タイヤをうまく機能させることが困難であると訴えている。

「来年に向けて、作動領域を広くすることに集中して取り組みを行っている」とイゾラは語った。

「2021年には18インチのタイヤに変更する。タイヤウォーマーがなくなるため、それでもうまく機能するコンパウンドをデザインする必要がある」

「20度から120度の間でグリップを生み出すタイヤが必要だ。2021年に向けて新しいコンパウンドを開発する機会を得るので、現段階でのリサーチで何かを見つけられれば、2020年にそれを導入する可能性がある」

「新しいフィロソフィーのコンパウンドグループを見つけ、それが幅広い作動領域を生み出すなら、2020年のウォーマーを使用する13インチ版としても、導入することができるだろう」

 F1のホイール径は現在13インチだが、2021年から18インチに変更される予定となっている。


[オートスポーツweb ]

最終更新:6/13(木) 17:03
オートスポーツweb

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事