ここから本文です

笹本玲奈がTBS新ドラマに出演、有能な総務部員役

6/13(木) 5:00配信

日刊スポーツ

舞台、ミュージカルを中心に活動する女優笹本玲奈(33)が、7月期のTBS系「ノーサイド・ゲーム」で、10年ぶりに同局の看板連続ドラマ枠「日曜劇場」に出演することが12日、分かった。

【写真】ミュージカル「マリー・アントワネット」主演に挑む笹本玲奈

地上波の連ドラも10年ぶりとなる笹本は「ドラマに初めて出演させていただいたのが、10年前の日曜劇場『ぼくの妹』でした。私自身、デビュー20周年を迎えた節目に、10年ぶり日曜劇場、しかも池井戸作品に出演させていただき、うれしく思います」と原点回帰を喜んだ。

原作は池井戸潤氏の同名最新作。笹本が演じるのは、大手自動車メーカー工場の有能な総務部員、佐倉多英。主演大泉洋が演じる出世コースから外された同メーカーのエリート、君嶋隼人の部下であると同時に、社の低迷するラグビーチーム「アストロズ」の敏腕アナリストでもある。ラグビー知識もないままGMとして再建を託された君嶋を支える、数少ない味方となる笹本は、作業着に黒いメガネをかけ、知的美女の装いを披露する。

笹本は98年「ピーターパン」主演を最年少の13歳2カ月で務めたデビュー以来、出演したミュージカルや舞台は70作を超える。一方、テレビドラマの登場は希少で「舞台やミュージカルでの活動が中心なので、初めて笹本玲奈を知っていただく方がほとんどだと思います。キリリとした印象の中に、熱い思いを持つ多英を身近に感じていただけるよう、自然と作品の中で生きていきたいです」と意欲を示した。

池井戸氏原作の日曜劇場は「下町ロケット」「ルーズヴェルト・ゲーム」「陸王」など話題作が多く、「半沢直樹」は来年4月期の続編放送が決まっている。笹本にとっても、飛躍の1作となるかもしれない。

◆笹本玲奈(ささもと・れな)1985年(昭60)6月15日、千葉生まれ。98年に最年少13歳2カ月で5代目ピーターパンに。07年に菊田一夫演劇賞を最年少21歳で受賞。17年1月に一般男性と結婚、同年に第1子出産。来月に20周年コンサートを予定。ペットはウサギ、犬、猫、金魚。身長165センチ。血液型O。

最終更新:6/13(木) 16:45
日刊スポーツ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事