ここから本文です

たけしの元妻から親族女性に「何も話さないで」

6/13(木) 5:00配信

日刊スポーツ

ビートたけし(72)が妻幹子さん(68)と協議離婚していたことが12日、分かった。以前から、話し合いが続けられており、このほど結論が出た。80年に結婚(正式な婚姻届提出は83年)し1男1女をもうけたが、39年後には別々に歩む人生を選択した。会見や書面などでのコメントの予定はない。

【写真】ボクシング連盟の山根明前会長(左)とビートたけし

  ◇    ◇    ◇

幹子さんの都内自宅には12日、報道陣が十数人集まった。昼すぎから夕方にかけ、玄関のインターホンに応答はなかった。ただ、午後5時に宅配便が届くと、業者に対応する女性の声がインターホンから聞こえてきた。幹子さんの可能性もある。ただ、報道陣を避けるためか、受け取らず業者は帰っていった。午後3時半ごろには、娘ではないが、親族だと言う若い女性が「幹子さんに何も話さないでと言われていますので」とだけ話し、外出した。

最終更新:6/13(木) 9:14
日刊スポーツ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事