ここから本文です

MRJの名前捨て、追い風が吹く小型機市場で勝負-三菱重工

6/13(木) 19:00配信

Bloomberg

(ブルームバーグ): 三菱重工業傘下の三菱航空機は17日に開幕するパリ航空ショーで、小型機コンセプト「スペースジェット100」(M100)を出展する。度重なる開発延期を経て型式証明取得に向けた飛行試験の段階までこぎつけた同社は「MRJ」の名称を廃止し、客室空間(スペース)の広さと低コストを武器に拡大が見込まれる座席数100席以下の市場で攻勢をかける。

三菱航空機のアレックス・ベラミー最高開発責任者(CDO)が名古屋市内での7日のインタビューで明らかにした。M100は座席数76席でファーストクラスとプレミアムエコノミー、エコノミーの3クラスを備える。客室空間を拡大するための工夫をこらし座席幅は18.5インチ(約47センチ)と座席数100席未満の「リージョナルジェット」機としては広く、キャリーバッグを機内に持ち込んで頭上の収納スペースに置けるようにした。

コスト競争力にも自信を持っているという。軽量素材やプラット・アンド・ホイットニー製のギヤードターボファンエンジンの採用などで燃費を向上させたほか、定期メンテナンスが必要な期間を延長するなどして既存の同サイズの航空機と比べて運用にかかるトータルコストを約10%減らせるという。

同社は90席クラスの「MRJ90」の開発を進め、3月に飛行試験を開始。20年半ばの納入開始を目指している。M100はこれまで「MRJ70」として検討されていた70席クラスの機体。顧客との対話で広い客室空間への要望が高かったことから、昨年秋ごろからコンセプトの絞り込みを進めてきた。M100の納入開始のめどは23年前半としている。

三菱重工は08年に国産初のジェット旅客機となるMRJ(三菱リージョナルジェット)開発に着手した。当初は2013年の完成・納入開始を目指していたが、延期を繰り返した。17年には電気配線全体の設計を変更。翌18年には同社が三菱航空機に対する1700億円の増資引き受けと500億円の債権放棄を含む支援を発表し、開発を続けていた。

1/2ページ

最終更新:6/13(木) 19:00
Bloomberg

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo!ニュースからのお知らせ