ここから本文です

<緊急取調室>第9話視聴率は12.9% 吉川愛演じる“北山未亜”が再登場 吉田鋼太郎も

6/14(金) 11:12配信

まんたんウェブ

 女優の天海祐希さんの主演連続ドラマ「緊急取調室」(テレビ朝日系、木曜午後9時)の第9話が6月13日に15分拡大で放送され、平均視聴率は12.9%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)だった。今シーズンの初回冒頭で、3人もの人間を殺害した容疑でキントリの取り調べを受けるも自供せず、強烈なインパクトを残した被疑者・北山未亜(吉川愛さん)が再登場したほか、吉田鋼太郎さん、坂東龍汰さんがゲスト出演した。

【写真特集】緊急取調室、大杉漣さん演じる“善さん”がまたも登場

 「緊急取調室」は、可視化設備の整った特別取調室で容疑者を取り調べる専門チーム「緊急事案対応取調班(通称・キントリ)」のメンバーたちが、数々の凶悪犯と心理戦を繰り広げる姿を描く。井上由美子さんによるオリジナル脚本で、第1シーズンは2014年1月期、第2シーズンは17年4月期に放送され、2015年9月にスペシャルドラマも放送された。第3シーズンでは、被疑者にもかかわらず、さまざまな立場の“油断ならぬ女たち”がキントリチームを翻弄(ほんろう)する中、決死の覚悟で事件の裏にある真実を暴いていく。

 第9話では、かつて真壁有希子(天海さん)ら「キントリ」が取り調べ担当に手を挙げるも、却下されてしまった事件が再び動き出した。医大生・藤井卓生(坂東さん)が同級生を刺殺したと目される事件で、藤井が容疑を否認し続けたため、取り調べが中止された。しかし、その後、事件発生時に「やめろ、藤井」という被害者の声を聞いた人物の存在が明るみになり、警視庁は藤井の逮捕を決定。キントリに対し、彼を48時間以内に落として送検するよう命じた。

 この事件は、キントリが自供を引き出せなかった連続殺人事件の被告人・北山未亜(吉川さん)との関連性が疑われていた。藤井が、未亜とSNSで連絡を取り合っていたことが判明したからで、その事実を知ったキントリは一丸となり、「今度こそ必ず落とす!」と奮起。しかし、刑事部部長・磐城和久(大倉孝二さん)は無情にも、この事件を最後にキントリの構成メンバーが正式変更されることを告げ……という展開だった。

最終更新:6/14(金) 16:01
まんたんウェブ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事