ここから本文です

記者をチクリとやった内川 その発想【タカ番記者の好球筆打】

6/14(金) 9:16配信 有料

西日本スポーツ

7回無死一塁、左前打を放つ内川

 ◆ソフトバンク3-0阪神(13日・ヤフオクドーム)

 予想通りの結末となった。両先発の行き詰まる投手戦。こういった試合展開は、一発で勝負が決まることが多い。そういう試合を何度も見てきた。

 殊勲の一発を放ったのは、5番のグラシアルだった。内角低めに鋭く入ってきた変化球を、ファウルにすることなく左翼席へ。技ありの一発でチームを勝利に導いた。やはり、頼りになる助っ人だと再確認した。

 そういえば、この日の試合前だった。バント練習でやって来た内川にチクリとやられた。「ウチはキューバ頼みの打線ですもんね」。実は13日付の当コラムで、デスパイネ、グラシアルのキューバコンビへの「依存度が高い打線」と書いた。それを読んでの反応だった。 本文:1,122文字 写真:1枚

続きをお読みいただくには、記事の購入が必要です。

すでに購入済みの方はログインしてください。

  • 税込108
    使えます

サービスの概要を必ずお読みいただき、同意の上ご購入ください。 購入後に記事が表示されない場合はページを再度読み込んでください。 購入した記事は購読一覧で確認できます。

西日本スポーツ

最終更新:6/14(金) 9:16
西日本スポーツ

おすすめの有料記事

使えます

もっと見る