ここから本文です

ロボッツに小林加入 福岡のB1昇格に貢献

6/14(金) 4:00配信

茨城新聞クロスアイ

バスケットボール男子のBリーグ2部(B2)の茨城ロボッツに元日本代表で福岡の小林大祐(31)が加入することが、13日までに分かった。

小林は1987年6月24日生まれ、福岡県出身。189センチ、88キロ。福岡大大濠高-慶大。2010年に日立(現渋谷)に入団、同シーズンの日本リーグ新人王を受賞。11年には日本代表に選出された。14年に栃木に移籍。16年は当時Bリーグ3部(B3)だった福岡に加入し、17年のB2昇格、18年のB1昇格に貢献した。

少ない動作で守備をかわし、素早いシュート動作でゴールを奪うシューティングガード。昨季は福岡で50試合に出場し、平均6・5得点、同1・6アシスト。18日からオランダで開催される3人制ワールドカップ(W杯)の日本代表に選出されている。

ロボッツを運営する茨城ロボッツ・スポーツエンターテインメントの山谷拓志社長は「キャリアを見ても、ずっとトップリーグをけん引していた選手。B1昇格に向けていい補強ができた」と期待を寄せる。アンソニー・ガーベロット新ヘッドコーチも、戦力補強に向けた首脳陣との話し合いの中で小林を「日本人選手で1番手で欲しい」と評価していたという。

チーム合流は7月下旬の予定。


(矢幡佳那子)

茨城新聞社

最終更新:6/14(金) 4:04
茨城新聞クロスアイ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo!ニュースからのお知らせ