ここから本文です

KANDYTOWNのBIG SANTA CLASSIC a.k.a. BSCがソロ・アルバム・デビュー

6/14(金) 16:33配信

CDジャーナル

KANDYTOWNのBIG SANTA CLASSIC a.k.a. BSCがソロ・アルバム・デビュー

KANDYTOWNのBIG SANTA CLASSIC a.k.a. BSCがソロ・アルバム・デビュー

 BIG SANTA CLASSIC、BABY SANTA CLAUS、屍三太郎など数々の異名を持ち、東京・世田谷を拠点としたクルー、KANDYTOWNやBANKROLLのメンバーとしても活躍するラッパーのBIG SANTA CLASSIC a.k.a. BSCが、ソロ・デビュー・アルバム『JAPINO』(CD PCD-25279 2,500円 + 税)を7月24日(水)にリリース。

 KANDYTOWNからはIOやRyohu、MUD、KIKUMARU、Holly Q、Neetzらが参加し、夭折したYUSHIとの幻のコラボレーション曲も収録。また、福岡発のクルー、YELLADIGOSからPEAVISとRIOがフィーチャーされるほか、KANDYTOWNのEP『LOCAL SERVICE』のビートメイクで注目されたK.E.Mや、唾奇作品でおなじみのHOKUTO、SUNNOVAとの共作アルバム『4GIVE4GET』でも話題の18scottらがプロデューサーとして参加するなど、ラインナップだけでも濃密度がうかがえる作品となっています。 

 KANDYTOWNのメジャー・デビュー作『KANDYTOWN』ではリード曲「R.T.N」や「Scent Of A Woman」「Rainy Night」といった人気曲に参加し、デジタルEP『LOCAL SERVICE』のリード曲「Till I Die」では印象的なラップを披露したBSC。メンバーのソロ作品にも関わるなど、才気みなぎるなかでのソロ・デビューとなります。

最終更新:6/14(金) 16:33
CDジャーナル

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事