ここから本文です

<モンキー・パンチさん>しのぶ会しめやかに 栗田貫一、小林清志ら“ルパンファミリー”参列

6/14(金) 11:29配信

まんたんウェブ

 4月11日に肺炎のため死去した「ルパン三世」の生みの親でマンガ家のモンキー・パンチ(本名・加藤一彦)さん(享年81)をしのぶ会が6月14日、東京都青山葬儀所(東京都港区)で執り行われ、アニメでルパン三世役を務めている栗田貫一さん、次元大介役の小林清志さん、銭形警部役の山寺宏一さん、映画版で銭形警部役の浅野忠信さん、多くの楽曲を手がけたジャズピアニストの大野雄二さんら、ゆかりの人物が多数参列した。

【写真特集】会場にはたくさんのルパン三世ゆかりの品が

 弔辞を務めた栗田さんは、「弔辞の大役は重すぎる」と一度は断ったことを明かしながら、「24年前、先生から大切なルパン三世をお任せいただいた時も、そんなルパン三世なんてできるわけがないとお断りしたところから、始まったことを思い出します」と回顧。「ルパン三世という大役を、山田康雄さんから引き継いだとき、さまざまな方面からご批判をいただきました。先生に『何も心配しなくていいですよ、そのままでいいですよ』とおっしゃっていただいたことを思い出します。先生に守られてきて、続けてこられたんだと思います」と、モンキー・パンチさんとの思い出を語った。

 また、「すべてを受け入れる懐の大きさは、ルパン三世そのものだと思います」と語り、「これからもルパン三世を見守ってください。モンキー・パンチ先生、本当にお世話になりました。ありがとうございました。ルパン三世、栗田貫一」と結んだ。

 花祭壇は、テーマソングの歌詞にもあるルパン三世のイメージカラーの赤を、たくさんのバラで表現。赤が引き立つように夜景や美しい夜の町並み、サーチライトに照らされた夜の空を背景にしている。遺影とともに祭壇に飾られたキャラクターパネルは、モンキー・パンチさんの原作画になっている。発起人代表や弔辞者、代表親族者の胸元にも、同じ赤いバラのコサージュが彩られていた。

 モンキー・パンチさんは、1937年に北海道浜中町で生まれた。1965年に「プレイボーイ入門」でマンガ誌「漫画ストーリー」(双葉社)からメジャーデビューを果たし、1967年8月にマンガ誌「漫画アクション」(同)で「ルパン三世」の連載を開始。人気を博して、1971年にはテレビアニメが放送開始。その後もテレビシリーズ、劇場版など現在まで新作が作り続けられるヒットアニメとなった。

最終更新:6/14(金) 16:21
まんたんウェブ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo!ニュースからのお知らせ