ここから本文です

“月曜日よりの使者”が躍動 金澤志奈&竹内美雪が史上初の快挙に向け好発進

6/14(金) 7:01配信

ゴルフ情報ALBA.Net

<宮里藍 サントリーレディス 初日◇13日◇六甲国際ゴルフ倶楽部(兵庫県)◇6511ヤード・パー72>

私服姿の竹内美雪が「あ~ん」【写真】

「宮里藍 サントリーレディス」の 初日は、マンデートーナメント通過組が、気を吐く一日となった。今週の10日(月)に開かれた主催者推薦選考会で出場を決めた選手が、本戦でも躍動。上位争いに名乗りを挙げた。なかでも好調だったのが、「67」の5アンダー・3位タイで初日を終えた、金澤志奈(選考会2位)と竹内美雪(同3位タイ)の2人だ。

金澤は、「ほけんの窓口レディース」6位タイ、「中京テレビ・ブリヂストンレディス」7位タイという、最近の勢いそのままにこの日も上位フィニッシュ。「ドライバーが安定してきたので、フェアウェイから打てました」と14ホール中10ホールのフェアウェイキープを、スコアの要因に挙げた。中京テレビ・ブリヂストンから投入した『JGRプロト』にも慣れてきたことで、「思い切り振ろう」という意識を持てたことが奏功。さらに「マンデートーナメントで苦手なホールを克服できたのが、自信になりました」と、“前哨戦”がいい効果を生んだようだ。

QTランク52位で、今季は限られた試合のなかで結果を出さないといけない立場だったが、すでに約1019万円を稼ぎ出し、リランキングで後半戦の出場権を獲得することは確実な状況となっている。もうすぐで腰を据えた戦いができるが、それに満足せず今見ているのは“優勝”の2文字だ。「あと3日あるので一歩ずつ、少しずつスコアを伸ばしていきたい。勝ちたいという気持ちは強くなっています」。こう言葉を強めた。

一方、QTランク89位の竹内は、現在レギュラーとステップの往復生活を送る身。「今日の目標は3アンダーでした」と話したが、そこから2つの貯金を作り、好スタートを切ることに成功した。マンデートーナメントを勝ち抜いての出場は、週頭からのラウンドとなることもあり「調整の仕方やペース配分が難しい」と話す竹内。だが今週は火曜日を休みに充てるなどして、試合への準備をしっかりと進めてきた。

さらに地元の兵庫県出身で、今週は会場まで車で40分ほどの自宅から通勤。「落ち着きますね」という2匹の愛犬との時間で、リフレッシュもはかれている。今季レギュラーでは、4戦中3試合が予選落ち。獲得賞金も約37万円だが、この4日間大会での“一発逆転”チャンスも到来した。「応援に来てくれる人たちの期待に応えられるように頑張りたいです」と、地元の大声援も支えにする。

このほか、選考会7位タイの工藤遥加(選考会7位タイ)も2アンダー・24位タイから上をうかがっている。女子ではこれまでにマンデートーナメントからの優勝は誰も達成しておらず、初日を終えた段階とはいえ偉業達成にも期待がかかる。“ 月曜日よりの使者”の明日以降の戦いぶりにも注目したい。(文・間宮輝憲)

(撮影:村上航)<ゴルフ情報ALBA.Net>

最終更新:6/14(金) 7:01
ゴルフ情報ALBA.Net

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事