ここから本文です

女王“復活”なるか?マンデー組の奮闘は?伸ばしあいの展開で抜け出すのは…【初日コメント集】

6/14(金) 8:59配信

ゴルフ情報ALBA.Net

<宮里藍 サントリーレディス 初日◇13日◇六甲国際ゴルフ倶楽部(兵庫県)◇6511ヤード・パー72>

今日もイ・ボミはいい表情!【リアルタイムフォト】

「宮里藍 サントリーレディス」初日は、開幕前の予想通り、伸ばしあいの様相を呈した。トップは7アンダーのイ・ミニョン(韓国)で、以下6アンダーの新垣比菜、5アンダーの鈴木愛、イ・ボミ(韓国)ら4人が続く。初日を終えた上位陣の声をお届けする。

■イ・ミニョン(7アンダー・単独トップ)
「うまくパーセーブできたところも3ホールくらいあったし、パットがうまく入ってくれ運もよかった。今日は100%を出せました。ここ2週に比べるとグリーンが硬いのでアイアンの距離感は大事。4日間大会はミスをしても、もう一日チャンスがある。2日目もまずは安全にいきたい」

■新垣比菜(6アンダー・単独2位)
「ドライバーもアイアンも当たらず、最初『今日はやばいな…』と思いました。でもテークバックの時に、右足をしっかり固定するイメージでスイングしたら、よくなりました。悪い時は右足が流れるクセはあると思います。ショットには不安は残りますが、しっかりスコアを出せたので、2日目は少し気楽にプレーして、予選通過を目指せそう。パットが入るといいですね」

■イ・ボミ(5アンダー・3位タイ)
「ティショットに安定感があった。フェアウェイにも行って、そこからアイアンをピンに絡めることもできました。これまでミスしたくない気持ちがすごく強くて、それが悪い考えにつながった。自分で自分を追いつめてしまいました。それを反対に考えるようになったら、少しずつショットも戻ってきました。上位争いとかを考えるとプレッシャーになる。一日一日をしっかりやっていきたい」

■鈴木愛(5アンダー・3位タイ)
「久しぶりに全体的によかった。昨日(小林)浩美さんと話した時に、今季1勝してからあまり思うようなプレーが出ていないことを察してくれたみたいで、『ガマンするのも必要。楽しく回ったほうがいい』と言われました。あと桧山さん(プロ野球・元阪神タイガースの桧山進次郎氏)にも『ガマンする時も大事』と言われました。『ガマンしてるんだけどな~』と思ったんですけど(笑)、楽しく回るというのはずっとなかったので、笑顔で回ってみようと思いました。全英オープンには出たいので、ここからの3試合で1勝はしたいと思います」

■金澤志奈(5アンダー・3位タイ)
「今日は長いパットが入ってくれたし、ショットもドライバーが安定してきた。去年は予選落ちして、難しいコースの印象だったけど、マンデー(トーナメント)で苦手を克服できて自信になった。優勝を目指したい。あと3日あるので、一歩ずつ、少しずつスコアを伸ばせていけたらいいなと思う」

■竹内美雪(5アンダー・3位タイ)
「パットが後半になって入ってくれました。調子は悪くないけど、マンデートーナメントからの出場だと調整の仕方や、ペース配分が難しいですね。今週は火曜日を休んで、調整しました。(兵庫県出身で)たくさんの方が応援してくれます。期待に応えられるよう頑張りたいです」

(撮影:上山敬太)<ゴルフ情報ALBA.Net>

最終更新:6/14(金) 8:59
ゴルフ情報ALBA.Net

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事