ここから本文です

子ども食堂などに食材 15日からフードドライブ 県北のコープで

6/14(金) 9:55配信

福島民報

 みやぎ生協・コープふくしまは子ども食堂や社会福祉協議会に食料品を贈る「フードドライブ事業」を十五日から、県北地方のコープふくしま十二店舗で順次展開する。県は子どもの居場所づくりを支援するモデル事業として、活動費の一部を補助する。

 事業では、寄贈先の団体が希望する食料品の購入を来店客に呼び掛け、支払いを済ませた上で店内の特設コーナーに寄せてもらう。集まった品はコープふくしまが各地の社会福祉協議会を通して子ども食堂の運営団体や生活困窮者などに届ける。

 乾めんや缶詰、飲料水、菓子、レトルトカレーなど百円前後で日持ちのする飲食物を対象とする。対象の品には陳列段階でフードドライブ対象と分かる札を取り付ける。

 初回の十五日はあだたら店(二本松市)、二十二日は方木田店(福島市)、七月二日はいずみ店(同)で行う。三店以外の実施店は次の通り。

 新町店、やのめ店、天神店、瀬上店、国見町店、桑折町店、梁川店、保原店、笹谷店

最終更新:6/14(金) 9:55
福島民報

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事