ここから本文です

常磐線運賃を助成へ 広野町 Jヴィレッジ駅の利用促進

6/14(金) 9:58配信

福島民報

 広野町はJヴィレッジ駅(楢葉・広野町)の利用促進に向け、来月にもJR常磐線広野-Jヴィレッジ駅間の運賃助成を始める。十三日に開会した町議会六月定例議会に、遠藤智町長が助成金九万円を盛り込んだ二〇一九年度一般会計補正予算案を提出した。

 助成対象は町民で、広野-Jヴィレッジ駅間の運賃百九十円のうち九十円を補助する。一日当たり一往復分が対象で、利用証明書を町役場に持参し申請すると補助を受けられる。

 JR東日本はかねてからJヴィレッジ駅の常設化について利用状況などを見ながら総合的に判断するとしている。遠藤町長は「常設駅になるよう、利用促進やJR東日本への要望に取り組む」と述べた。

 六月定例議会は会期を十四日までの二日間と決めた。提出されたのは九千四百二十四万円の一般会計補正予算など二十二議案。主な補正は町サッカー支援センター(JFAアカデミー男子寮)の機能回復に向けた被害調査・改修設計費三千百三十二万円など。

最終更新:6/14(金) 9:58
福島民報

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo!ニュースからのお知らせ