ここから本文です

【RISE】小林愛三vs佐藤レイナ、寺山日葵vs後藤まきがトーナメント初戦で対決

6/14(金) 12:35配信

イーファイト

 7月5日(日)東京・後楽園ホールで開催される『RISE133』の最終対戦カードが発表された。

【フォト】イリアーナに前蹴りを打ち込む小林愛三

 RISE QUEENミニフライ級(-49kg)王座決定トーナメントへの参戦が発表されていた小林愛三(23=NEXT LEVEL渋谷)の対戦相手が決定。NJKFミネルヴァアトム級1位の佐藤レイナ(19=team AKATSUKI)と対戦する。

 小林は『KNOCK OUT』女子部エースとして活躍。強烈な右ミドルと気迫あふれるファイトを武器にデビューから9戦無敗の快進撃を続けた。2018年7月に『SHOOT BOXING Girls S-cup』でイリアーナ・ヴァレンティーノ(イタリア)にダウンを奪われた末の判定負けを喫したものの、2019年4月の『KNOCK OUT』でリベンジを果たした。

 対する佐藤はREBELS王者の良太郎を師に持ち、サウスポーでミドルキックを中心に組み立てる激闘派。RISEへ初参戦した昨年6月の那須川梨々戦では、敗れはしたものの気迫あふれるファイトで会場を大いに沸かせた。

 また、同じく参戦が発表されていた寺山日葵(18=TEAM TEPPEN)はNJKFミネルヴァ ライトフライ級5位の後藤まき(RIKIX)との対戦が決定した。

 寺山はジュニア時代から数々のアマチュア大会で好成績を重ね15歳でプロデビュー。MISKAI、MIOら女子トップファイターたちとしのぎを削り、2018年11月に一度敗れているMISAKIにリベンジを果たし、J-GIRLSミニフライ級王座を獲得している。

 対する後藤は元KNOCK OUTプロデューサー小野寺力氏が代表を務めるRIKIXの紅一点。今年6月に行われた『NJKF 絆XII』において、佐藤レイナから判定勝ちを収めている。

 実力派の小林・寺山が順当に勝ち上がるのか、佐藤・後藤が波乱を巻き起こすのか、本トーナメントは女子格闘技界の動向をも左右する注目のトーナメントといえるだろう。

最終更新:6/14(金) 12:35
イーファイト

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事