ここから本文です

11型iPad ProとSurface Go、テキスト入力で使えるのはどっち?

6/14(金) 7:05配信

ITmedia PC USER

 前編では、11型iPad ProとSmart Keyboard Folioの組み合わせ、そしてSurface Goとタイプカバーの組み合わせを比較した。後編では、キーボードの構造やキータッチなどの使い勝手を見ていく。

【写真】列ごとの横ずれが顕著なSurface Goのキーボード

構造だけでなく厚みもよく似た両製品のキーボード

 両製品のキーボードを、細かく見ていこう。iPad ProのSmart Keyboard Folioは、横から見て三角形になるよう折り曲げ、それを使ってiPad本体を後ろから支える構造になる。支えるといってもマグネットで強固に合体しているので、iPad Proを傾けても崩れることはない。

 一方のSurface Goとタイプカバーは、背面のキックスタンドを開いて本体をフォトフレームのように立て、画面に吸着しているタイプカバーを手前に開くだけだ。ちなみにこのタイプカバーは、デスク面からやや浮くよう、角度をつけることもできる。

 画面の角度については、iPad Pro×Smart Keyboard Folioは、角度が2段階でしか変更できないのに対し、Surface Goは背面のキックスタンドで角度を自由に調整できる。あまり極端に垂直に立てようとすると倒れそうになるが、自由度の高さはSurface Goの方が上だ。

 逆に膝の上のように不安定な場所でのキー入力は、画面とキーボードの角度が完全に固定できるiPad Pro×Smart Keyboardの方が安定していて使いやすい。もちろん大前提として、2段階の角度のいずれかで不満なく入力できることが条件だが、画面とキーボードの角度を保ったままの状態をキープできないSurface Goと異なり、姿勢を変えても倒れないのは利点だ。

 結論としては、置き場所が安定していればSurface Goがやや有利、そうでなければiPad Pro×Smart Keyboardがやや有利となる。ただ画面サイズが10~11型と小さく、膝の上に乗せると画面と目の間にかなりの距離があるので、どちらにしても長時間のテキスト入力には適さない。机が使える環境にあるならば、迷いなくそちらを選ぶべきだろう。

 なお、Surface Goでキーボードを浮かせたセッティングにしていると、タイプ音がやや響くことがある。キーボード全面を接地させフラットにすれば緩和されるが、それでもまれに、カナルタイプのイヤフォンをしていても入力音が聞こえたりする。iPad ProのSmart Keyboard Folioは、こういった心配はない。

1/4ページ

最終更新:6/14(金) 7:05
ITmedia PC USER

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事