ここから本文です

「シャイニング」続編映画、キューブリックのイメージが登場する理由を監督が語る

6/14(金) 19:00配信

シネマトゥデイ

 スティーヴン・キングの小説「シャイニング」の続編を基にした映画『ドクター・スリープ』の予告編が、現地時間12日、アメリカ・ロサンゼルス市内で行われたイベント内で初披露され、出席したマイク・フラナガン監督と、プロデューサーのトレヴァー・メイシーが、本作への思いを語った。

【動画】『ドクター・スリープ』予告編

 『ドクター・スリープ』は、「シャイニング」において衝撃的な体験をした少年ダニーの40年後を描いており、ユアン・マクレガーが大人になったダニーを演じている。“かがやき”(シャイニング)と呼ばれる能力を持つダニーは、幼い時の悲惨な経験から、その力を使わないようにしてきた。「しかし、今はホスピスの雑用係として働いており、その力を使って、患者が死ぬ瞬間に安らぎを与えるようになる。それで “ドクター・スリープ”というあだ名で呼ばれているんだ」と監督は語る。

 ユアンのキャスティングは、フラナガン監督にとって特に重要だったようだ。「本作は、ダニーがどん底にいる状態から始まるので、ユアンのように人間性を感じさせてくれる人物を起用することが重要だったんだ。僕は直感的にユアンのことが好きになり、信頼ができた。ユアンも『シャイニング』の大ファンだったしね」 

 物語は、ダニーと同じ能力を持つ少女アブラと彼の関係を中心に展開するようだ。アブラ役に抜擢されたのは、カイリー・カランという新人。「カイリーは全く(演技の)経験がなかったけど、自分で撮影したテープを送ってきた。オーディションでは、予告編にも出てくるユアンとの共演シーンをやってもらったんだけど、あまりの素晴らしさにショックを受けたよ。900人の女の子たちを見たけど、ユアンも『誰にするべきかは明らかだね』と言っていた」。

 また、『ミッション・インポッシブル』シリーズのレベッカ・ファーガソンも出演。監督は彼女のことも絶賛し「キングが書いたもっとも素晴らしい悪役にふんしている」と明かした。

1/2ページ

最終更新:6/14(金) 19:06
シネマトゥデイ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事