ここから本文です

<中丸雄一>「わた定」で見せるアドリブも魅力 向井理と「いい対比に」

6/15(土) 7:20配信

まんたんウェブ

 ドラマ「わたし、定時で帰ります。」(TBS系、火曜午後10時)で、吉高由里子さん演じる主人公・東山結衣の婚約者・諏訪巧役を務める「KAT-TUN」の中丸雄一さん。11日放送の第9話のラストシーンでは、巧が結衣に「結衣ちゃんとは結婚できない」と伝える場面で終了し、話題を集めた。いよいよ次回が最終回。巧のほか、向井理さん演じる結衣の元婚約者・種田晃太郎と結衣との関係も気になるところだが、ドラマを手がける八尾香澄プロデューサーは、中丸さんについて「(向井さんと)いい対比になったなと思っています」と話す。中丸さんの起用理由や魅力を聞いた。

【写真特集】一体どうなる!? 吉高由里子が涙… 中丸雄一演じる巧との関係は!?

 中丸さんは、1983年9月4日生まれ、東京都出身。O型。2009年に「RESCUE~特別高度救助隊」で連ドラ初主演。「変身インタビュアーの憂鬱」(TBS系・2013年)、「マッサージ探偵ジョー」(テレビ東京系・2017年)で主演したほか、さまざまな作品に出演。情報番組「シューイチ」(日本テレビ系)にもレギュラー出演しているほか、ソロアクトライブのセルフプロデュースや舞台出演など幅広く活躍している。

 ◇向井理演じる種田との「対比」

 ドラマで、中丸さん演じる巧は、結衣が務める「ネットヒーローズ」のライバル会社「ベイシック・オン」に勤務。アウトドアが趣味で、料理をしたり、遠出をしたり、仕事よりもプライベートな時間を大切にしている。家庭的で、結衣にとって理想的な相手だ。

 一方、向井さん演じる種田は、かつて結衣と結婚の約束をしていたが、仕事優先の姿勢からすれ違いが続き、破談した。仕事に集中しすぎると周りが見えなくなるワーカホリック体質だが、会社内でも随一のデキる男という役どころだ。

 種田と対照的な巧役に、中丸さんを起用した理由について、八尾さんとともにドラマを手がける新井順子プロデューサーは、「向井さんとの対比」と明かし、「顔のタイプが全然違う」と話す。八尾さんは、「当初イメージしていた巧のキャラクターは、スマートで何でもそつなくこなす隙のない男性だったのですが、結果的に中丸さんが演じたことによって、そこに優しさとどこか少し抜けた柔らかさが加わって、見ていてほっこりするカップルになりました」と手応えを感じている様子。さらに、「結衣ちゃんと巧のアドリブの部分が面白くて」と続ける。

1/2ページ

最終更新:6/15(土) 11:54
まんたんウェブ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事