ここから本文です

集団いじめで5人児相通告、大阪 17年に府警、第三者委の設置前

6/14(金) 11:17配信

共同通信

 大阪府吹田市立小の小学5年の女児が2015~17年の約1年半にわたりいじめを受けていたのに、学校や市教育委員会が放置していた問題で、吹田署が17年7月、いじめに関わったとして同級生の男子児童5人を児童相談所に通告していたことが14日、署などへの取材で分かった。

 女児の両親は17年3月、いじめへの対応を学校や市教委に求めたが、第三者委員会の設置が決まったのは、吹田署が児相に通告した後の同8月だった。市教委側の対応の遅れが改めて浮き彫りになった。

 署などによると、17年に女児の両親からの被害届を受理し、学校関係者や男児らを事情聴取。男児5人を児相に通告した。

最終更新:6/14(金) 12:04
共同通信

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo!ニュースからのお知らせ