ここから本文です

小栗旬 実写ルパンのオファーに重圧あった…モンキー・パンチ氏に背中押され決心

6/14(金) 14:21配信

デイリースポーツ

 人気アニメ「ルパン三世」の原作者で、4月11日に肺炎のために亡くなった漫画家のモンキー・パンチ(本名加藤一彦=かとう・かずひこ)さんを偲ぶ会が14日、東京・青山葬儀所で営まれ、ルパンの声を担当するタレントの栗田貫一(61)や実写映画でルパンを演じた俳優・小栗旬(36)ら約300人が参列した。

【写真】偲ぶ会 斎場はルパン一色の“ルパン葬”

 2014年の実写映画「ルパン三世」に主演した小栗はオファーを受けた当時を振り返り、「先生が作った大切なキャラクター。正直、きついなって思いました。ものすごく大きなチャレンジと思いました」と重圧があったことを告白。先生から「やってみよう」と声をかけてもらい、撮影現場でも「おお、ルパンがいるじゃないか」と背中を押してもらった。

 小栗は「そういう一言一言が自分にとっての大切な宝物になっている」と感謝。故人に向けて、「偉大な方で優しく愛情がある。本当にありがとうございました。もう僕が(ルパンを)演じさせてもらうことはないかもしれませんけど、何かしらの形でお会いできたらと思っていた。残念です。もっともっと歴史的なキャラクターと共に生きていて欲しかった」と多大なる功績をあげ、冥福を祈った。

最終更新:6/14(金) 14:25
デイリースポーツ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo!ニュースからのお知らせ