ここから本文です

区役所で巨大な番号札!SNSで話題に 導入された本当の理由

6/14(金) 17:45配信

デイリースポーツ

 役所や銀行、郵便局などの利用者が順番待ちで手にする番号札。通常は小さい紙だが、「東京都の杉並区役所にはA4サイズの巨大番号札がある」とする投稿がツイッターで話題になっている。“裏取り”のために担当部署を取材した結果、その番号札は実在するものの、SNSで拡散している解釈とは微妙に違っていた。番号札が大きくなった「本当の理由」とは何か…。

【写真】「ご麺なさい」の貼り紙に込めたうどん店長の思い

 「番号札をなくす人、番号呼ばれても気づかない人が多すぎた結果、A4サイズまで巨大化したであろう杉並区役所の番号札」という文言と共に、大きく数字が記された番号札の画像が今月投稿され、「高齢者に優しい」「これは助かる!」といった反響が続いた。

 記者は今年4月下旬、私用で杉並区役所の窓口に並んだ。ボイスコール(自動音声で呼び出す整理券の発行機)から出てくる番号札は通常の小さい紙だったので、区役所に事実関係を確認した。すると本庁では大きいサイズの札は使われておらず、同区内では唯一、高円寺区民事務所のみにあることが判明。さっそく同事務所に足を運ぶと、番号札は通常の小さい紙だった。

 つまり、最初から大きい札を配るわけではないのだ。ツイッターではこの点に触れていなかったため、来訪者の全員が初めから巨大な札を手に待つという誤解が生じてしまう。では、巨大札はどんな時に使われ、その理由は何なのだろうか?

 担当者は「事務処理が一度で済まず、いったん引き取っていただく人に対して『もう少し、おかけになってお待ちください』という時に渡す札が大きいサイズなのです」と説明。「もう一度お呼び出しする時は名前を呼ぶことになりますが、『個人情報保護』という観点から名前を呼ばない措置として大きな札の番号を呼ぶ。それが一番大きな理由だと思います」と明言した。

 ちなみに番号は受付順でなくランダム。担当者は「各事務所ごとに工夫し、うちの場合はそれが大きな番号札だった。30枚くらいはあり、パウチして再利用がきくものです」という配慮も示した。

 一方、ツイッターで指摘された「紛失」や「気づかない人」への対策という意味もある。担当者は「書類と同じ大きさなのでなくさないですし、呼ばれても気づかない人の元にある札をこちらから見てすぐ分かる」と付随要素も挙げた。ただ、この点が最優先の理由であるならば、最初から大きい札を配ってもいいはずだが、そうはなっていない。最大の理由は、対応後に再び待機し、2度目に名前を呼ばれる段階での個人情報保護だった。

 この「個人情報の保護」という視点から、同事務所のスタッフはツイッターに投稿された番号札の画像に利用客が映り込んでいたことを指摘した。「待ち時間に撮られたのだと思いますが、お客さんが映らないように配慮していただきたいです」と呼びかけた。もちろん、映り込んだ人の同意を得ていれば問題ないが、そうでない場合は配慮が必要だ。

 今回の件だけに限らず、SNSで“バズる”ことに意識が先走ると、周囲への視野が抜け落ちがちだ。その点も「巨大番号札」の話題から教えられた。(デイリースポーツ・北村泰介)

最終更新:6/14(金) 19:34
デイリースポーツ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo!ニュースからのお知らせ