ここから本文です

阪神・原口 激走!リクエストで判定覆る 梅野の適時二塁打などで二回に追いつく

6/14(金) 18:38配信

デイリースポーツ

 「交流戦、オリックス-阪神」(14日、京セラドーム大阪)

 阪神が、梅野隆太郎捕手の適時二塁打などで同点に追いついた。

【写真】原口 これでもかと両手を広げて「セーフ」アピール

 2点を追う二回。1死から原口が左前打で出塁すると、梅野が続いた。成瀬が投じたフルカウントからの7球目、内角低めのスライダーに反応。コンパクトなスイングから放たれた打球は左翼線を破った。

 選手会長の一撃に一塁走者・原口が躍動。三塁ベースを蹴り、一気に本塁へ。そのまま勢いよくヘッドスライディングしたが、間一髪のタイミングで判定はアウト。しかし、矢野監督がリクエストを要求した。リプレー検証の結果、判定は覆りセーフ。1点に詰め寄った。

 なおも1死三塁。反撃の好機を逃さなかった。マルテが三ゴロに打ち取られたが、その間に三走・梅野が生還。試合を振り出しに戻した。

最終更新:6/14(金) 18:55
デイリースポーツ

こんな記事も読まれています

スポーツナビ 野球情報

あなたにおすすめの記事