ここから本文です

巨人・大城 貴重な適時二塁打で4試合ぶり打点「打てて良かった」

6/14(金) 19:54配信

デイリースポーツ

 「交流戦、日本ハム-巨人」(14日、札幌ドーム)

 巨人の大城卓三捕手が、好投手の有原から適時二塁打を放った。

【写真】リアル“ど根性ガエル” フェンスに大田がピッタンコ

 2点リードで迎えた四回1死一塁。1ボールからの2球目。内角球を鋭いスイングで右翼線を破った。ランエンドヒットで走っていた一塁走者の岡本は巨体を揺らし本塁に生還した。

 この日は捕手で出場したが、打撃を買われ、一塁も守る大城。9日・ロッテ戦以来4試合ぶりの打点を挙げた。「打ったのはツーシーム。追加点がほしい場面で打てて良かった。C・C(メルセデス)のために打ちました」と喜んだ。

最終更新:6/14(金) 20:24
デイリースポーツ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事