ここから本文です

松山ケンイチ×早乙女太一W主演、アニメ映画『プロメア』が著名人の胸を“焦がした”ワケ

6/14(金) 18:26配信

オリコン

 5月24日に公開されたアニメ映画『プロメア』は、炎を操る人種“マッドバーニッシュ”から世界大炎上を阻止する新人隊員ガロ(声:松山ケンイチ)と、“マッドバーニッシュ”のリーダー・リオ(声:早乙女太一)が繰り広げるバトルエンターテインメント。アニメーションスタジオ・TRIGGERとXFLAGが初めて共同製作した作品で、声優キャスト・制作陣ともに豪華な顔ぶれで話題となっている。

【動画】今石洋之×中島かずき『プロメア』Superflyが主題歌“激アツ”な本予告

 同作のキャストは、松山と早乙女のW主演に加え、堺雅人やケンドーコバヤシ、古田新太などを迎えた超豪華な陣容。さらに、アニメ『天元突破グレンラガン』『キルラキル』で知られる今石洋之監督と脚本家の中島かずきがタッグを組み、キャラクターデザインには『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序』や『ベイマックス』を手掛けたコヤマシゲト、音楽は『進撃の巨人』を手掛ける澤野弘之、主題歌はSuperflyが担当するなど、アニメファン感涙のスタッフが集結している。

 同映画は、公開後にファンからの応援上映を望む声を受け、ストーリーにちなんで応“炎”上映の開催が決定。6月20日に全国6劇場で行われる応炎上映では、声出しや合いの手を入れたり、サイリウムやペンライトを振ったりしながら作品を楽しむことができる。

 また、多くの著名人や文化人からも同作を評価する声が上がっている。映画コメンテーターの有村昆は、自身のTwitterで「久しぶりに胸が焦げるほどのアツい作品に出会った。 #プロメアは#TRIGGERらしさで大満足だ。」と絶賛。さらに、その独創的な物語・圧倒的色彩・絵力から、アニメの進化の分岐点になる作品であることは間違いないとまで発言している。

 豪華声優陣に惹かれて観に行ったという作家・乙武洋匡は、「ガロとリオというタイプの異なる二人のヒーローがとにかくカッコイイ。それぞれの“使命”を果たそうと命をかけて奮闘する姿にグッと来た。大人から子どもまで楽しめる大活劇アニメでした!」と称賛している。

 女優・山本美月も、「最高ー!TRIGGERファンには堪らない時間でした!!!ヾ(*´∀`*)ノ!!かっけーーー!って叫びそうになった!笑」と興奮気味にコメント。さらにはEXILEのSEKAIも「もうね、、、TRIGGER好きにはたまんないですよこの映画。。。”ストーリー“ ”絵力“ ”キャラ“待ってました‼️って感じの映画です‼️個人的にはこれがアニメになったのも毎週観てみたい 早乙女太一さんの声も素敵でした‼️」とご満悦の様子だ。

 映画『プロメア』の応炎上映の開催日は6月20日(木)。上映時間、チケットの販売スケジュールは各劇場HPにて掲載中。

最終更新:6/15(土) 18:25
オリコン

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事