ここから本文です

《ブラジル》最高裁が少年院の収容者に上限設定=4州が未成年の犯罪者を釈放

6/14(金) 9:29配信

ニッケイ新聞

ブラジル最高裁が、少年院の収容者は、規定収容人数の119%を超えてはならないと命じた事を受け、リオ、ペルナンブコ、セアラー、バイアの4州が軽犯罪で収容されている未成年の犯罪者を釈放し始めたと13日付フォーリャ紙などが報じた。
 4州の少年院の規定収容人数と実際の収容者数を見ると、リオ州は891人に対し1645人(185%)、ペルナンブコ州は774人に対し1059人(137%)、セアラー州は740人に対し871人(118%)、バイア州は552人に対し631人(114%)となっている。
 12日までに釈放されたのは、ペルナンブコ州55人、リオ州11人、セアラー州20人で、近日中の釈放予定者は、セアラー州60人、ペルナンブコ州47人、バイア州16人となっている。

 10日付のアジェンシア・ド・ラジオ・マイスは、リオ州では窃盗や盗品の受託、武器を使わない麻薬密売、家宅侵入などで補導した少年400人を釈放の見込みというが、700~800人との報道もある。

 リオ州では、犯罪行為を点数化し、低ポイントで、家族や住居の有無が明確な収容者を優先して釈放するという。
 誰を釈放するかは各州の裁判官が判断するが、1人の判事が全収容者を審査するリオ州では、対象者の確定、釈放に約1カ月かかる見込みだ。

 ブラジルでは少年院や刑務所が超過密状態である事は従来から問題視されている。13日付現地サイトは、全国の刑務所の半数は超過密状態で、管理体制なども整っていないため、刑務所内で犯罪組織が拡大し、実質支配する事態が生じていると報じた。近年の刑務所での暴動や殺人事件増加も、こういった傾向を反映している。

最終更新:6/14(金) 9:29
ニッケイ新聞

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事