ここから本文です

ビートたけし氏が所有で話題のブガッティとジェイコブが新パートナーシップを締結

6/14(金) 18:10配信

ウオッチライフニュース

 先日離婚を発表した、タレントのビートたけし氏自慢の超高級外車コレクションの行方が話題となっている。氏が所有するコレクションのなかには、スーパーカーの上を行く超高額なハイパーカー“ブガッティ・ヴェイロン”もあるというが、そんなブガッティが今年新たなパートナーシップを発表したのをご存じだろうか?

 ブガッティは、2004年から実に15年にわたり、パルミジャーニ・フルリエと公式ライセンスパートナーを結び、コラボレーションウオッチを発表するなど良好な協力関係築いてきたが、今年3月に提携関係を解消。新たに長期パートナーシップを結んだのが、ブガッティ同様、超絶機構を搭載した超高額な複雑時計を多く手がけるジェイコブだ。

 ジェイコブでは、この新たなパートナーシップの締結を記念し、バーゼルワールド2019でブガッティの名を冠した限定コラボレーションモデルを発表した。

ツイン ターボ フュリアス ブガッティ

 ひとつは、2018年のバーゼルワールドで発表された複雑時計、ツイン ターボをベースにした限定バージョン“ツイン ターボ フュリアス ブガッティ”。オリジナルのツイン ターボをベースに、ブガッティ110年記念モデルでとして発表されたハイパフォーマンス スポーツカー“ブガッティ・シロン・スポーツ 110 ans Bugatti”からのインスピレーションを得てデザインされた。シロン・スポーツへのオマージュとして、文字盤の周りにターコイズカラーをあしらい、ブガッティのロゴは文字盤の真ん中にレイアウト。フランス国旗のトリコロールカラーになったパワーリザーブインジケーターはクルマの燃料計をイメージして“fuel”(燃料)の文字をあしらった。39個のみの限定生産で、それぞれ限定ナンバーを刻印。ケースはカーボンファイバーとローズゴールドでそれぞれ18個、そしてダイアモンド付きモデルが3個制作される。

エピック X クロノ カーボン ブガッティ

 そして、もうひとつは1909年にエットーレ・ブガッティが、ブガッティを設立したことを受け、創業年にちなんだ110本限定発売となる“エピック X クロノ カーボン ブガッティ”。こちらのモデルはジェイコブの人気クロノグラフ“エピック X クロノ”をベースにしたモデル。ブガッティ バージョンでは新たにフォージドカーボンケースを開発し、ブガッティの拠点であるフランスの国旗カラーを大胆に文字盤に取り入れた。この腕時計にはブガッティ シロンの後部ボンネットからインスピレーションを得た特別なラバーベルトを採用し、バックルにはパートナーシップを記念して“EB”ロゴが入る。

文◎編集部

最終更新:6/14(金) 18:10
ウオッチライフニュース

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo!ニュースからのお知らせ