ここから本文です

海保職員が無資格で巡視艇を運航 代理でパトロールのため水島港から高松港まで約1時間半 岡山

6/14(金) 12:30配信

KSB瀬戸内海放送

 13日、水島海上保安部の29歳の男性機関士補が機関長の資格を持たず、巡視艇を運航していたことがわかりました。
 
 水島海上保安部によりますと、巡視艇「みずなみ」を無資格で運航したのは29歳の男性機関士補です。

 男性機関士補は13日、休暇をとった機関長の代理として、パトロールのため巡視艇を水島港から高松港まで約1時間半運航しました。

 しかし、男性機関士補は機関長として必要な資格がありませんでした。水島海上保安部が出港の報告をした時に、第六管区海上保安本部からの指摘で判明しました。

 水島海上保安部の福島武人部長は、「取締機関であるにも関わらず。このような事案を発生させたことに深く反省しております」とコメントしています。

最終更新:6/14(金) 12:30
KSB瀬戸内海放送

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事