ここから本文です

【PayPay】6月の「ワクワクペイペイ」は、ドラッグストアで最大20%還元! 注意点なども合わせて解説します。

6/14(金) 9:00配信

マネーの達人

「PayPay」(ペイペイ)は、月替わりでお得なイベント「ワクワクペイペイ」を開催しています。

6月はドラッグストアで最大20%分の還元
が受けられます。
キャンペーンの詳細だけでなく、デメリット・注意点なども紹介しましょう。

最大20%分が還元されるキャンペーン

2019年6月30日まで、キャンペーン対象のドラッグストアでPayPayを使って支払いをすると、PayPayボーナスが還元されます。

ただし、利用代金の引き落とし方法・会員の種別によって、還元率・付与上限が以下のように異なります。

ソフトバンク・ワイモバイルのスマホユーザーは、1回あたりの付与上限が2000円分(1万円利用が上限)と、通常のPayPayユーザーの2倍多く還元されます。

また、ソフトバンク・ワイモバイルのスマホユーザーで、利用代金の引き落とし方法を

・PayPay残高
・Yahoo!マネー
・Yahoo!JAPANカード
のいずれかに設定していれば、

20%分の還元(Yahoo!JAPANカードは19%+カードの還元率1%)

が受けられますので、圧倒的にお得です。
■10分の1の確率で、利用金額全額(最大1000円分)を還元
さらに、利用代金の引き落とし方法を

・PayPay残高
・Yahoo!マネー
・Yahoo!JAPANカード
に設定していると、10回に1回の確率で利用金額全額(最大1000円分)のPayPayボーナスが還元される「PayPayチャンス」もあります。

通常のPayPayチャンスは20回に1回の確率ですので、当選確率が2倍にアップしてお得です。

■対象店舗はPayPayが使える全国のドラッグストア

キャンペーンの対象となるドラッグストアは、全国にあるドラッグストアチェーンで、周囲を見回せば見つかるのではないでしょうか。

見つからない人は、スマートフォンを使って検索できます。

キャンペーンの注意点・デメリット

■キャンペーン対象外の商品・店舗がある
今回のキャンペーンでは、対象外となっている商品・店舗もいくつかあります。

例えば、金券類(商品券・プリペイドカード・印紙・切手・回数券)は加盟店規約によりPayPayでの支払いができません。

PayPayを含めて7種類のスマホ決済サービスを導入している「V・ドラッグ」では、調剤・処方箋がスマホ決済サービスの対象外商品のため、キャンペーンの対象にもなりません。

「V・ドラッグ」には調剤専門薬局もありますが、そちらも対象外です。

「ウエルシア薬局」では公共料金・各種料金の収納代行サービスも行っていますが、収納代行サービスの支払い方法は現金のみ(Tポイントも付与対象外)のため、PayPayのキャンペーンの対象ではありません。

「アインズ&トルぺ」は、札幌パセオ店・東京駅店・京王百貨店新宿店・横浜ジョイナス店がPayPayを導入していません。

他にも、ドラッグストアによって対象外商品・対象外店舗があるかもしれませんので、確認を忘れないでください。

■本来1回の決済で支払うべき商品を複数回に分けて決済するのは禁止
10分の1の確率で利用金額全額を還元するキャンペーンでは、5000円未満の支払いに限って抽選を行います。

抽選の対象となって当選確率を上げようと、2万5000円の商品を「5000円×5回の決済」で支払いするのは禁止行為であり、キャンペーンの対象外となりますので注意しましょう。

1/2ページ

最終更新:6/14(金) 9:00
マネーの達人

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事